大谷翔平、ヒット後に一塁で話し込む様子にファン興味津々「めちゃくちゃ話してる」「なに話してんやろ」

大谷翔平、ヒット後に一塁で話し込む様子にファン興味津々「めちゃくちゃ話してる」「なに話してんやろ」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/08/06
No image

【MLB】マリナーズ3-4エンゼルス(8月5日・日本時間6日/シアトル)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。8回表の第4打席にこの日初ヒットとなるサードへの内野安打を放ったが、その後に一塁上で話し込む姿にファンの関心が寄せられた。

【映像】ヒット後に一塁で話し込む大谷翔平

マリナーズ先発の“サイ・ヤング賞左腕”ロビー・レイに対し、大谷はタイミングが合わず第3打席まで3三振。8回表、1死一塁で回ってきた第4打席は、2番手・スワンソンのスプリットを叩くと、シフトの逆をつくかたちでサードへの内野安打に。2本のホームランを含む3安打を放った昨日に続き、2試合連続安打をマークした。

ヒットの後、現地映像が出塁した大谷の姿を映すと、何やら話し込んでいる様子。しばらくやりとりを続けると、次の打者のレンヒーフォが打席に入ろうとするところで会話は終了した。このやりとりは15秒ほどあったことから、ファンはその中身に興味を持ったようで「英語ペラペラ大谷さん」「1塁イチャイチャタイム」「なに話してんやろ」「めちゃくちゃ話してるな」といった反響が寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加