上田綺世 W杯初出場&初得点を狙う「W杯のゴールは価値あるもの。自分も取りたい」

上田綺世 W杯初出場&初得点を狙う「W杯のゴールは価値あるもの。自分も取りたい」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2022/11/28
No image

調整する上田綺世=ドーハ(撮影・金田祐二)

サッカーのW杯カタール大会に出場している日本代表は25日、コスタリカとの第2戦(27日)に向けてドーハ市内で冒頭部分を除く非公開で調整し、上田綺世(セルクル・ブルージュ)がW杯でのゴールに意欲を示した。

ドイツ戦は出場機会がなく「ピッチに立ちたかったというのはもちろんある。そこで日本のために力を発揮したかった」と悔しさをあらわにした。W杯初出場を待望するが、自身の感情に焦点を当てている訳ではない。「個人的な感情を次にぶつけてエゴイストになるつもりはない。あくまでチームのために」と強調した。

「あの中でプレーしてみたいというのはもちろんあるし、そこで活躍することの価値はサッカー選手なら誰でも分かること」とW杯のピッチへ思いをはせた。生粋のストライカーは「W杯のゴールは価値あるもの。自分も取りたいという気持ちはある」とコスタリカ戦を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加