「いつもと同じスウィングはできなくて当たり前!」 プロキャディが語る“今日の球”と上手くつき合う方法

「いつもと同じスウィングはできなくて当たり前!」 プロキャディが語る“今日の球”と上手くつき合う方法

  • みんなのゴルフダイジェスト
  • 更新日:2022/01/15
No image

スタート前の練習でいつもより右に曲がる球しかでない……なんて経験はないだろうか?だけどそれは「当たり前ですよ」とプロキャディ・伊能恵子はいう。いったいどういうこと? 詳しく話を聞いてみた。

「コースへ行くと右に曲がるんだよね」という声をよく耳にしますが、それは当たり前のことだと私は思います。

ゴルフスウィングはとても繊細で、体調や気候の変化によって“いつもと同じスウィング”はできなくなるもの。プロゴルファーでさえ、いつもと同じようにスウィングしているはずなのに当たったときの感覚にズレを感じています。アマチュアゴルファーはプロのように毎日練習しているわけではないですし、その“ズレ”が大きいのは当たり前で、仕方ないことなのです。

ですから、もしいつもと球筋が違った場合はスウィング修正をするのではなく「今日はそういう日なのかな」と、その日の球に寄り添ってみてはいかがでしょうか?

スウィングをするのは「機械」ではなく私たち「人間」ですから“いつもと同じスウィング”をするのは不可能に近い。コースに出たら、その日の球筋によってターゲット方向を変えたり、球筋のイメージを“その日の球”にするなど、その日の自分の球筋と寄り添うことが大事だと私は思います。

「今日のスウィングはいつもと何が違うのかな」といろいろ試してしまうと、どんどん底なし沼にハマり、最終的にはスコアを崩してしまうはず。それはもったいないですし、せっかくコースへ来ているのに楽しくないですよね。

とはいえ、どうしてもスウィングが気になる! という場合は、スクェアなアドレスで構えられているのか、ティーイングエリアの立つ場所を変えるなどして、スウィング以外で修正できることをチェックしてみましょう!

“いつもと同じスウィング”はどんなゴルファーでも不可能に近いもの。自分を責めずに「今日の球」にしっかり寄り添うことでスコアは守れると思いますよ!

伊能恵子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加