生き埋めにされていた赤ちゃん猫も、今や兄弟ともども21歳! 茶白猫「だい」

生き埋めにされていた赤ちゃん猫も、今や兄弟ともども21歳! 茶白猫「だい」

  • sippo
  • 更新日:2020/09/30
No image

<sippoストーリー>
だい/男の子/mix/21歳
普段の呼び名:だいちゃん
飼い主さんのニックネーム:とんとん

■名前の由来はなんですか?
だいちゃんを保護した時、もう1匹茶白のコも保護したので、区別するために骨太でずっしりした方をだいちゃん、華奢で軽い方をちいちゃんと仮に呼び始めました。その後2匹ともうちのコにしましたが、その時にはそれぞれ自分の呼び名を覚えてしまっていたのでそのまま名前にしました。出会ったエピソードからふたりで「大地」です。

■出会ったきっかけはなんですか?
1999年7月20日の夕方。夫の実家近くを通ったら2匹の赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえたので、どんなコか見てみようと探したけれど、姿が見えません。

よーく聞いてみると土の中から聞こえている! 急いで移植ごてで掘り始めたところ、カツンと平たい大きな石にぶつかりました。その石をのけると小さな足が見えました。なんと3匹の赤ちゃん猫が埋められていたのです。

家へ連れて帰り翌日獣医へ連れて行ったところ生後1週間以上、2週間未満と言われました。2匹は譲渡するつもりで、3匹とも我が家で保護し育てました。3匹のうち1匹は知人宅へ引き取られていき、我が家に茶白の2匹が残りました。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
保護した3匹とも、そろって21歳の誕生日を迎えることができたのが、とてもうれしいです。だいちゃんは最高9㎏近くまで大きくなりました。

リードをつけて近所散歩させていたのですが、通りかかった人に「猫ですよね?」と確認されたり、通り過ぎた車がバックしてきて窓が開いて「やっぱり猫や!」と車の中の会話が聞こえてきたり。

21歳の今でも7.6㎏あります。

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
レンタル日記に載せる写真がうまくなりたくて、2005年からペット写真教室へ通い始め、教室仲間と猫写真グループを結成。年に一度写真展を開くようになりました。そのご縁でたくさんの人と知り合い、世界が広がりました。

■他の飼い主さんに薦めたいグッズは?
山芋粉。巨大結腸症でひどい便秘のだいちゃんのウエットフードに、耳かき1杯ほど混ぜるだけでするんと排便。

■オススメのおでかけスポットは?
家から徒歩5分の公園。すべり台に乗せると桜の花や紅葉を背景にインスタ映えの写真が撮れます。

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
22歳のお誕生日祝いができるように頑張ってお世話するので、だいちゃんも長生きできるようにすこしずつダイエットしていこうね。

【関連記事】
こう見えて、底なしの胃袋が自慢 アメリカンショートヘア「うに」
名前を呼んだら返事をするよ 元気いっぱいの雑種「るる」

No image

「sippoストーリー」かわいい写真募集中!

sippoストーリー
かわいいワンコ・ニャンコを毎日1匹、日替わりで紹介します。

<応募方法>
愛犬・愛猫の写真にハッシュタグをつけて投稿してください。
Instagram@sippo_officialをフォロー#sippoストーリー
Twitter@Asahisippoをフォロー#sippoストーリー

投稿された写真をsippo編集部で厳選し、紹介していきます。
※選ばれた方には、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)で直接連絡しますので、入力フォームから情報入力をお願いします。

sippo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加