ティモシーのアクションシーンも!『DUNE/デューン』US版本予告&キャラポス解禁

ティモシーのアクションシーンも!『DUNE/デューン』US版本予告&キャラポス解禁

  • シネマカフェ
  • 更新日:2021/07/23
No image

『DUNE/デューン 砂の惑星』キャラクターポスター(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

もっと画像を見る
ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤら超豪華キャストが集結し、1965年の発売以来、多くのカルチャーに影響を与え続けている伝説の小説を映画化した『DUNE/デューン 砂の惑星』。今回、全世界待望のUS版本予告と物語を展開させる主要9人のキャラクターポスターが一挙解禁。また、ロサンゼルスで行われたIMAXイベントの最速レポートも到着した。

全宇宙の運命はポールの手に――US版本予告解禁 本作は砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、全宇宙の未来を託された主人公ポールの運命、宇宙世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開される。解禁となったUS版本予告では、美しき砂の惑星“デューン”にミサイルが放たれ、不穏な世界を予感させるシーンから幕を開ける。 夢のなかに登場する謎の女性に「ポール」と呼び掛けられ目を覚ますポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ)。彼には“未来が視える”という能力があったーー。夢に出てくる青い瞳を持つチャニ(ゼンデイヤ)の正体が気になるばかり。 全宇宙を支配する皇帝の命を受けたポールは、父レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック)、母レディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)らと共に、過酷な砂の惑星“デューン”に降り立つが、落ち着く間もなく宿敵ハルコンネン家が急襲し、戦争が勃発。アトレイデス家に仕えるガーニイ(ジョシュ・ブローリン)や最強の戦士ダンカン(ジェイソン・モモア)が果敢に立ち向かうが、戦闘の行方は…!? 巨大な陰謀により父レトを殺され、全宇宙から命を狙われるポールは、父の復讐のため、そして宇宙平和のために立ち上がる。ポールの覚醒と、これまでに目にしたことのない映像に期待が高まる。 主要キャラクター9人のポスターも到着 ティモシー演じる主人公ポールをはじめとするアトレイデス家、宿敵であるハルコンネン家、そしてポールが砂の惑星“デューン”で出会い、ともに戦うことになる青い瞳を持つ現地の自由の民フレメン、なかには度々ポールの夢に登場する謎の女性チャニの姿もある。 アトレイデス家 ◆ポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ):アトレイデス家の後継者。“未来が視える”能力を持ち、全宇宙から命を狙われる。巨大な陰謀により殺された父の復讐のため、全宇宙の平和のために立ち上がる。 ◆レディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン):ポールの母親。周りに流されない強い意志の持ち主。ポールとともに過酷な砂の惑星“デューン”で自らの運命に立ち向かう ◆レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック):アトレイデス家の当主として、勇ましく威厳ある姿で一家を牽引するが、陰謀に巻き込まれる。 ◆ダンカン・アイダホ(ジェイソン・モモア):アトレイデス家の腹心。貫録ある武力でレトやポールをサポートを続ける心強い存在。 ◆ガーニイ・ハレック(ジョシュ・ブローリン):アトレイデス家の腹心。勇敢な戦士であり、後継者としてポールを鍛錬する。 ◆Dr.ユエ(チャン・チェン):アトレイデス家に仕える医師。不安定なポールを静養させるが…。 ハルコンネン家 ◆ウラディミール・ハルコンネン男爵(ステラン・スカルスガルド):アトレイデス家の宿敵、ハルコンネン家の当主。残虐非道な手口で対戦する。 砂の惑星“デューン”の自由の民フレメン ◆スティルガー(ハビエル・バルデム):フレメンをまとめるリーダー。倫理と道徳を重んじ、環境の保全にも注力している。 ◆チャニ(ゼンデイヤ):フレメンの戦士。謎めいた美女。ポールの夢の中に現れ、ミステリアスな表情をみせる。 これまでにない映像体験!IMAXイベント in LAの最速レポート L.A.現地時間7月19日には。IMAX社での本予告の全世界解禁に先駆け、巨大なIMAXスクリーンと最高の音響で、世界最速で体験するという特別イベントが開かれた。参加を許されたのは、アメリカ国内と世界中から集まったジャーナリスト約20名。 イベント冒頭では、撮影現場の映像と、劇中衣装を身にまとったティモシーらキャストたち、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が本作について語るインタビューを編集した約4分間の映像が流れた。 監督、キャストたちが代わる代わる作品について熱い想いを話すと、最後に主人公のポールを演じるティモシーが「僕はこの作品に関われて、とても光栄に感じているし、興奮している」とコメント。すると続けて、「本編冒頭の10分間の映像をこれからお見せします」とのうれしいサプライズが! IMAX試写室の巨大なスクリーンに本予告が映し出されると、その圧倒的なスケールと美しさ、ヴィルヌーヴ監督が妥協なしで映像化した、これまでにない映像体験で世界中のジャーナリストたちを魅了した。 その後も、ヴィルヌーヴ監督のお気に入りの手に汗握る緊迫したシーンや、音楽を担当したハンス・ジマーと監督とのスペシャル対談の模様なども流れ、最後にヴィルヌーヴ監督が登場し「フランク・ハーバートの傑作『デューン/砂の惑星』は、僕の大好きな小説の一つです。これは僕にとって、大切でパーソナルな映画になりました」と改めて作品に対する熱い想いをコメント。「今日ご覧いただいたものを楽しんでもらえていたら、うれしい」と話し、今回解禁となったUS版本予告が流れて約30分間に渡るイベントを締めくくった。 『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。

主要キャラクター9人のポスターも到着 ティモシー演じる主人公ポールをはじめとするアトレイデス家、宿敵であるハルコンネン家、そしてポールが砂の惑星“デューン”で出会い、ともに戦うことになる青い瞳を持つ現地の自由の民フレメン、なかには度々ポールの夢に登場する謎の女性チャニの姿もある。 アトレイデス家 ◆ポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ):アトレイデス家の後継者。“未来が視える”能力を持ち、全宇宙から命を狙われる。巨大な陰謀により殺された父の復讐のため、全宇宙の平和のために立ち上がる。 ◆レディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン):ポールの母親。周りに流されない強い意志の持ち主。ポールとともに過酷な砂の惑星“デューン”で自らの運命に立ち向かう ◆レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック):アトレイデス家の当主として、勇ましく威厳ある姿で一家を牽引するが、陰謀に巻き込まれる。 ◆ダンカン・アイダホ(ジェイソン・モモア):アトレイデス家の腹心。貫録ある武力でレトやポールをサポートを続ける心強い存在。 ◆ガーニイ・ハレック(ジョシュ・ブローリン):アトレイデス家の腹心。勇敢な戦士であり、後継者としてポールを鍛錬する。 ◆Dr.ユエ(チャン・チェン):アトレイデス家に仕える医師。不安定なポールを静養させるが…。 ハルコンネン家 ◆ウラディミール・ハルコンネン男爵(ステラン・スカルスガルド):アトレイデス家の宿敵、ハルコンネン家の当主。残虐非道な手口で対戦する。 砂の惑星“デューン”の自由の民フレメン ◆スティルガー(ハビエル・バルデム):フレメンをまとめるリーダー。倫理と道徳を重んじ、環境の保全にも注力している。 ◆チャニ(ゼンデイヤ):フレメンの戦士。謎めいた美女。ポールの夢の中に現れ、ミステリアスな表情をみせる。 これまでにない映像体験!IMAXイベント in LAの最速レポート L.A.現地時間7月19日には。IMAX社での本予告の全世界解禁に先駆け、巨大なIMAXスクリーンと最高の音響で、世界最速で体験するという特別イベントが開かれた。参加を許されたのは、アメリカ国内と世界中から集まったジャーナリスト約20名。 イベント冒頭では、撮影現場の映像と、劇中衣装を身にまとったティモシーらキャストたち、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が本作について語るインタビューを編集した約4分間の映像が流れた。 監督、キャストたちが代わる代わる作品について熱い想いを話すと、最後に主人公のポールを演じるティモシーが「僕はこの作品に関われて、とても光栄に感じているし、興奮している」とコメント。すると続けて、「本編冒頭の10分間の映像をこれからお見せします」とのうれしいサプライズが! IMAX試写室の巨大なスクリーンに本予告が映し出されると、その圧倒的なスケールと美しさ、ヴィルヌーヴ監督が妥協なしで映像化した、これまでにない映像体験で世界中のジャーナリストたちを魅了した。 その後も、ヴィルヌーヴ監督のお気に入りの手に汗握る緊迫したシーンや、音楽を担当したハンス・ジマーと監督とのスペシャル対談の模様なども流れ、最後にヴィルヌーヴ監督が登場し「フランク・ハーバートの傑作『デューン/砂の惑星』は、僕の大好きな小説の一つです。これは僕にとって、大切でパーソナルな映画になりました」と改めて作品に対する熱い想いをコメント。「今日ご覧いただいたものを楽しんでもらえていたら、うれしい」と話し、今回解禁となったUS版本予告が流れて約30分間に渡るイベントを締めくくった。 『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。

これまでにない映像体験!IMAXイベント in LAの最速レポート L.A.現地時間7月19日には。IMAX社での本予告の全世界解禁に先駆け、巨大なIMAXスクリーンと最高の音響で、世界最速で体験するという特別イベントが開かれた。参加を許されたのは、アメリカ国内と世界中から集まったジャーナリスト約20名。 イベント冒頭では、撮影現場の映像と、劇中衣装を身にまとったティモシーらキャストたち、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が本作について語るインタビューを編集した約4分間の映像が流れた。 監督、キャストたちが代わる代わる作品について熱い想いを話すと、最後に主人公のポールを演じるティモシーが「僕はこの作品に関われて、とても光栄に感じているし、興奮している」とコメント。すると続けて、「本編冒頭の10分間の映像をこれからお見せします」とのうれしいサプライズが! IMAX試写室の巨大なスクリーンに本予告が映し出されると、その圧倒的なスケールと美しさ、ヴィルヌーヴ監督が妥協なしで映像化した、これまでにない映像体験で世界中のジャーナリストたちを魅了した。 その後も、ヴィルヌーヴ監督のお気に入りの手に汗握る緊迫したシーンや、音楽を担当したハンス・ジマーと監督とのスペシャル対談の模様なども流れ、最後にヴィルヌーヴ監督が登場し「フランク・ハーバートの傑作『デューン/砂の惑星』は、僕の大好きな小説の一つです。これは僕にとって、大切でパーソナルな映画になりました」と改めて作品に対する熱い想いをコメント。「今日ご覧いただいたものを楽しんでもらえていたら、うれしい」と話し、今回解禁となったUS版本予告が流れて約30分間に渡るイベントを締めくくった。 『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加