千葉県で新型コロナで死亡の女性 オミクロン株に感染と判明 直接的な死因は別の疾患

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15

千葉県は新型コロナウイルスに感染し死亡した女性について、ゲノム解析の結果、オミクロン株に感染していたことが判明したと発表しました。

千葉県によりますと、女性は今月上旬に新型コロナに感染した家族の濃厚接触者として検査を受けて陽性となり、11日に入院先の病院で死亡しました。

県がゲノム解析をした結果、女性がオミクロン株に感染していたことが判明しました。

オミクロン株に感染した人の死亡は、千葉県では初めてですが、県は女性の直接的な死因は新型コロナとは別の疾患だとしています。

一方で、その疾患には新型コロナが影響したとも説明しています。

死亡した女性は循環器系の基礎疾患があり、2回目のワクチン接種を去年8月に終えていました。

【速報】新型コロナ 広島の新規感染1221人 過去最多

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加