スマホで操作ができる、ペット用給餌機「もぐもぐ当番」発売...ユアサプライムス

スマホで操作ができる、ペット用給餌機「もぐもぐ当番」発売...ユアサプライムス

  • REANIMAL
  • 更新日:2021/09/15
No image

ペット用給餌機「もぐもぐ当番」発売

もっと画像を見る
家電製品の開発・輸入・販売を手掛けるユアサプライムスは、Wi-Fi環境で操作ができる小型~中型動物用ドライフード給餌機「スマホdeごはんタイム もぐもぐ当番」を発売した。

いつもの時間にいつもの量を外出先からアプリを使ってペットに給餌できるのが、スマートペットフィーダー「スマホdeごはんタイム もぐもぐ当番」。1食分を与えることも、少量を与えることもできるため、「今日は帰りが遅くなるから1食分ごはんを食べさせたい」時や、「少しだけ遅くなるから、ちょっとだけ食べて待っていてほしい」という時にも対応が可能。

また、1日最大4回、1週間分のスケジュール管理もできるため、普段からペットに規則正しい時間にごはんを食べる習慣を付けることができる。普段は直接ごはんをあげたい飼い主も、朝は「もぐもぐ当番」、昼・夜のごはんはペットと触れ合いながらのごはんタイムなどの使い方も可能。週末や忙しい朝食の時間だけの活用で、見えない手間を軽減し、時間の有効利用ができる。

給餌タイミングには、あらかじめ本体に設定されたメロディが流れ、ペットにごはんタイムを知らせる。さらに、飼い主のスマートフォンアプリには給餌完了の通知が届く。ドライフードを入れるタンクのふたは、ペットが開けにくい上向きボタンになっており、いたずらしても倒して餌が出てこない“いたずら防止設計”となっている。そのため、設定された給餌タイミング以外では餌を食べることができない。

フードタンクは大容量の4.3リットル。普段のドライフードキーパーとしても使用することができる。また、ふたを開けて給餌ボタンを押すと、その場で1回分の給餌が可能。電源は、普段はACアダプターから取り、停電などの緊急時用に乾電池を予備電源としてセットすることができる。フードトレイ部分、フードタンク部分は取り外して洗うことができるため、衛生面も安心。

「もぐもぐ当番」の設定は、スマートフォン等のモバイル端末に家電操作用アプリ「Smart Life」をダウンロードして登録。設定後、Wi-Fi環境で「Smart Life」アプリからのスケジュール設定や給餌を操作できる。家族内でのデバイスの共有や手持ちのAmazon Alexa、Googleアシスタントへのリンクにも対応している。

購入は、同社が運営するインターネット家電通販サイト「ユアサプライムス.com」他、全国の家電量販店、ホームセンターなどで可能。価格は1万3800円(税込)。

鈴木まゆこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加