『西九州新幹線』開業で、沿線では早くも“新幹線効果”

『西九州新幹線』開業で、沿線では早くも“新幹線効果”

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2022/09/23
No image

『西九州新幹線』の開業で、沿線ではさっそく“新幹線効果”がみられました。

『西九州新幹線』の開業で、沿線ではさっそく“新幹線効果”がみられました。

長崎市の長崎駅・新幹線ホームでは23日朝、“一番列車”に乗る切符を手にした人たちが、その瞬間を待ちわびていました。

■一番列車を待つ客

「Q.きょうはどんな日になりますか?きょうは歴史に残る日だと思っています。」

■一番列車を待つ客

「どんな感じかというのを、よく味わっていきたいと思います。」

■長崎市出身のタレント・長濱ねるさん

「出発。」

長崎市出身のタレント・長濱ねるさんの合図とともに、23日午前6時17分に長崎駅を走り出したのが、一番列車の『新幹線かもめ2号』です。

その50分後に『新幹線かもめ1号』が走り出したのが,佐賀県武雄市の武雄温泉駅です。武雄のシンボル・楼門の近くで、23日にオープンした飲食店では、“新幹線効果”もあって、多くの客でにぎわっていました。お土産に豆腐を購入した男性は、『西九州新幹線』での日帰り旅行だと話します。

■長崎からの客

「一番列車は取れなかったんですけれど、4番目の列車で来ました。奥でご飯を食べられるということだったので、きょうはバタバタ(日帰り)ですけれど、今度は泊まりで来たいなと。」

■佐嘉平川屋3代目・平川大計さん

「武雄と嬉野が新幹線の開業によって、新しい時代を迎えるという部分で、うちをめがけて来る方が、少なからず、いてくれるようになれば、この町にも多少は、いい影響を与えられるかと思うし、ぜひそうなっていきたい。」

“新幹線効果”は、日帰り旅行だけではありません。1905年・明治38年創業の温泉旅館は、当面予約で、ほぼ満室だということです。

■懐石宿扇屋・山下裕輔社長

「お客様が期待して来られる以上、私たちにかかる責任は重大だと思っています。」

このにぎわいが一時的なものでなく、今後も続くことを地元は期待しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加