広島に原爆投下から77年 サイレン鳴らし犠牲者の冥福祈る 鹿児島市

広島に原爆投下から77年 サイレン鳴らし犠牲者の冥福祈る 鹿児島市

  • MBCニュース
  • 更新日:2022/08/06

きょう、8月6日は77年前、広島に原子爆弾が落とされた日です。鹿児島市役所では6日朝、サイレンが鳴らされ、犠牲者の冥福を祈りました。

原爆が投下された午前8時15分、鹿児島市役所では、犠牲者の冥福を祈るサイレンが鳴らされました。広島では1945年8月6日の原爆投下で、およそ14万人が亡くなったと推計されています。

鹿児島市のセンテラス天文館にある天文館図書館では、原爆の悲惨さを伝えるパネル展が開かれています。パネル展では、当時の広島の様子や、亡くなった弟を背負い、火葬場にやってきた少年の写真など16枚が展示されています。

(来場者)「(ウクライナ侵攻で)戦争を身近に感じたので、平和について考え直さないといけないと思った」

原爆パネル展は、今月9日まで開催されています。

No image

広島に原爆投下から77年 サイレン鳴らし犠牲者の冥福祈る 鹿児島市

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加