【DeNA】森原康平は現状維持3500万円「来季は60試合を目指して」登板増目指す

【DeNA】森原康平は現状維持3500万円「来季は60試合を目指して」登板増目指す

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/11/25
No image

来季60試合登板を目標に掲げたDeNA森原(撮影・鎌田直秀)

DeNA森原康平投手(30)が25日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の3500万円(金額は推定)でサインした。

今季は7月28日に楽天からトレードで加入して以降、6試合に登板。楽天時と合わせてもわずか9試合に終わった。「来季は60試合を目指しています。キャリアの中で1回しか達成出来ていないので、そこを目標にしたい」。セットアッパーを務めた19年の64試合の再現に挑む。

今オフは故郷広島で自主トレの予定だ。「メインはランニング量を増やそうと思っています。長くやっている選手は走れている」。トレーナーなどと相談しながら、走行距離を設定した長短織り交ぜたメニューを考案中だ。

最速154キロの直球はもちろんだが、「フォークをもう1つ上のレベルで」と精度を高めることに努めている。「ストライクゾーンの上から狙えたり、何球でも続けられたり」。高めからカウントをとったり、空振りを狙ったりと、さらなる武器を増やし、DeNAリリーフ陣の中心を担う覚悟だ。【鎌田直秀】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加