ロッテ・マーティン 怒りの猛抗議も実らずアウトに

ロッテ・マーティン 怒りの猛抗議も実らずアウトに

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/09
No image

7回、一走・マーティンは中村奨の中前打で三塁へ。手がベースから離れたとして判定はアウトに(撮影・開出牧)

「ロッテ-ヤクルト」(9日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテ・マーティン外野手の怒りの抗議に呼応し、井口監督がリクエストした。

2点を追う七回1死一塁。一走・マーティンは中村奨の中前打で三塁へ。三塁にスライディングしたが、手がベースから離れたとして判定はアウトになった。

ここでマーティンはベースに触れていた右手が、村上のタッチで押されたために外れたと必死の抗議。だが、リプレー検証の結果もアウトの判定。最後まで不服そうな表情でベンチへと下がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加