巨人敗戦 痛すぎた丸の併殺打「チームがガクッときた」評論家の視点

巨人敗戦 痛すぎた丸の併殺打「チームがガクッときた」評論家の視点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

4回、遊ゴロ併殺打に倒れる丸(撮影・金田祐二)

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

巨人がエース対決で敗れ、初戦を落とした。菅野は6回4失点と粘れず、打線は千賀を攻めきれなかった。

チャンスはあった。2点を追う四回、坂本と岡本が連続四球で無死一、二塁。丸も変化球2球を見送り、2ボール。ここで外角低めの直球をスイングしたが、痛恨の遊ゴロ併殺となった。

デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「チーム全体で、千賀対策の狙いは見えていた。フォークはボールになると徹底的に見逃し、球数を投げさせた。狙い通りにつかんだチャンスだったが、あの併殺は想定外。左バッター、さらに足も遅くはない丸のゲッツーというのは、ダメージが大きい。あれでチームがガクッときてしまった」と振り返った。

八回には、坂本がモイネロに空振り三振。関本氏は「あんなカーブを投げる左投手はセ・リーグにはいない。抑えの森にはチャンスがあるように思えるが、5点ビハインドでは厳しい。劣勢でも終盤まで競っていく展開にしなければ、苦しい戦いが続く」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加