「金亀子」=「きんかめこ」...?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「金亀子」=「きんかめこ」...?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

  • lamire
  • 更新日:2020/11/21

「金亀子」という漢字を読むことはできますか?実はこの漢字、なかなか読める人がいない漢字なんです。今回はこの「金亀子」のように読めたらすごい漢字をご紹介していきますよ♡

「金亀子」ってなんて読むか分かる?

「金亀子」という漢字、何て読むか分かりますか?「きんかめこ」だと思った方は間違っていますよ…!これはある虫を表す漢字で、みなさんもきっと聞いたことがある名前ですよ。正解は「コガネムシ」でした!「コガネムシ」は別名「ぶんぶん」「ぶんぶん虫」などと呼ばれているんだとか。

「松毬」ってなんて読むか分かる?

「松毬」という漢字、何て読むか分かりますか?この漢字は読めそうですが難しいですよね…!「まつまり」ではありませんよ。この漢字の読み方は「まつかさ」でした!「まつかさ」は「まつぼっくり」を意味しています。まつぼっくりはみなさんも知っていますよね。この「松毬」という漢字は「ちちりん」と読まれることもあるんだとか。

「鳩尾」ってなんて読むか分かる?

「鳩尾」という漢字、何て読むか分かりますか?これは体のある部分を表している漢字ですよ…!どこだか分かりましたか?この漢字は「みぞおち」と読み、「きゅうび」という読み方も正しいんですよ。みぞおちは胸とお腹の間にある部分ですよね。この部分が鳩の尻尾のような形をしていることから付けられたんだとか。みぞおちがどんな形か気になった方は調べてみてくださいね。

「甘蕉」ってなんて読むか分かる?

「甘蕉」という漢字、何て読むか分かりますか?この漢字は意外と見たことがある方もいるのではないでしょうか…!正解は「かんしょう」ですよ…!「かんしょう」って何?と思った方、これは甘くておいしい「バナナ」の漢名なんです。果物の漢字クイズではよく登場するので覚えておくといいかもしれません♡

読めた漢字があったらすごい…!

今回紹介した漢字の中で、正しく読むことができたものはありましたか?どれもとっても難しい漢字ですが、読めるようになると周りから一目置かれる存在に近づけるかも♪

▶合わせて読みたい

「概ね」って何て読む…?社会人なら知っておきたい難読漢字まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加