広島 開幕10戦目での初盗塁は球団最遅記録ながらも貴重な追加点に

広島 開幕10戦目での初盗塁は球団最遅記録ながらも貴重な追加点に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2021年4月6日 神宮)

No image

<ヤ・広>7回1死一塁、二盗に成功する曽根(右)(撮影・木村 揚輔)

広島に、開幕から10試合目で今季初盗塁が生まれた。

1点リードの7回、1死から安部が四球を奪うと、代走・曽根が続く堂林の打席で、初球に二盗成功。さらに堂林からは中堅への適時打が生まれ、貴重な追加点となった。

06年に開幕から7試合で盗塁なしという記録があったが、今回はそれを更新する球団最遅記録。機動力野球の復活を期す今季の佐々岡監督は、最遅ながらも、ここぞで有効な盗塁となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加