「ヴェゼルよりカッコいい」ホンダ新型3列SUV「BR-V」6年ぶり刷新で熱視線! 大反響で「国内に欲しい」の声も

「ヴェゼルよりカッコいい」ホンダ新型3列SUV「BR-V」6年ぶり刷新で熱視線! 大反響で「国内に欲しい」の声も

  • くるまのニュース
  • 更新日:2021/10/14

半数近くのユーザーが「すごくカッコいい」と回答

ホンダのインドネシア法人は2021年9月21日に新型「BR-V」を世界初公開しました。ホンダが海外で展開する3列SUVが2代目モデルに刷新されることになりましたが、コンセプトモデルとして公開された段階から大きな反響を呼んでいます。

ついに市販版モデルが公開された新型BR-Vについて、ユーザーはどんな印象を抱いているのでしょうか。

No image

ホンダ新型「BR-V」

【画像】ホンダ新型3列SUV「BR-V」に「カッコいい!」の声多数!? 大型グリル採用の迫力デザインを画像で見る(25枚)

BR-Vは初代が2015年に登場した3列SUVですが、2代目となる新型BR-Vは2021年5月3日にコンセプトモデル「N7X」として外観デザインのみ初公開されました。

メッキ加飾とLEDヘッドライトが連続したデザインを組み合わせた大型フロントグリルや、水平基調のキャラクターラインが特徴的な外観で、ジャカルタにあるホンダのカフェ「Dreams Cafe by Honda」で展示された後は、インドネシア国内で巡回展示がおこなわれました。

その後N7Xの市販版モデルとして、2代目の新型BR-Vが登場。内装デザインも公開されたほか、最高出力121馬力の1.5リッターガソリンエンジンを搭載することも明らかにされました。トランスミッションはCVTもしくはMTが組み合わされます。

そんななか、日本のSNSユーザーは、海外で登場した新型BR-Vのデザインについてどのような評価をしているのでしょうか。

今回、くるまのニュースでは2021年9月28日から10月5日にかけてSNSを通じてアンケート調査を実施。ユーザーの生の意見を集めました。

そのなかで、新型BR-Vのデザインについて「すごくカッコいいと思う」「まあまあカッコいいと思う」「あまりカッコいいとは思わない」「まったくカッコいいとは思わない」の4択で質問したところ、「すごくカッコいいと思う」と回答したユーザーは47.1%、「まあまあカッコいいと思う」と回答したユーザーは35.3%にのぼりました。

「あまりカッコいいとは思わない」と回答したユーザーは11.8%、「まったくカッコいいとは思わない」と回答したユーザーは5.9%という結果となり、日本のSNSユーザーの間でもデザインについて評価が高いSUVになっていることがうかがえます。

回答したユーザーの意見を聞くと、「『ヴェゼル』より格好いいと思います」「日本でも売れそうだと思うので、是非導入してほしいです」といった意見が寄せられました。

今回公開された内装について「インテリアのデザインが大人しすぎる印象です」といった意見もあったものの、概ね好評といえる結果となりました。

回答のなかでも挙げられた新型ヴェゼルは、ホンダの国内SUVラインナップにおいて最新モデルとなるモデルですが、ボディ同色で存在感の薄い フロントグリルを採用するなど、新型BR-Vとフロントフェイスの雰囲気がかなり異なります。

また、ホンダは日本で新型ヴェゼルと「CR-V」の2車種しかSUVをラインナップしておらず、第三の選択肢として新型BR-Vの国内投入を望む声が多くなっていることも予想されます。

2021年現在、新型BR-Vの国内導入についてアナウンスは何もありませんが、今後の動向が注目されます。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加