NATO、ポーランド北部スバルキ・ギャップでの軍事訓練に参加

NATO、ポーランド北部スバルキ・ギャップでの軍事訓練に参加

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/26

[クルシ(ポーランド) 25日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)は25日、ポーランド北部に位置し、ベラルーシとロシアの飛び地カリーニングラードに挟まれた「スバルキ・ギャップ」での軍事訓練に参加した。

No image

北大西洋条約機構(NATO)は、ポーランド北部に位置し、ベラルーシとロシアの飛び地カリーニングラードに挟まれた「スバルキ・ギャップ」での軍事訓練に参加した。写真は10月17日、’スバルキ・ギャップ地域で撮影(2022年 ロイター/Kacper Pempel/File Photo)

スバルキ・ギャップは、ロシアに占領された場合、バルト諸国が他のNATO加盟国から孤立することになるため、戦略的要衝として位置付けられている。

ポーランドのブワシュチャク国防相は「軍事訓練の一環として、ウクライナの戦場での経験と観察に基づいて策定された演習があった」と指摘。「ロシアがどのような方法を用い、どのような防衛が効果的なのか認識している」と述べた。

ポーランド国防省によると、軍事演習には陸軍および空軍から2000人の兵士が参加した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加