【データ】シーズン最初のマジックが2位に出て優勝したのは98年西武だけ

【データ】シーズン最初のマジックが2位に出て優勝したのは98年西武だけ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

オリックス対ロッテ オリックスに勝利、マジック9が点灯し喜ぶロッテナイン(撮影・前岡正明)

<オリックス1-6ロッテ>◇14日◇京セラドーム大阪

▼2位ロッテに優勝マジック9が点灯した。首位オリックスは残り7試合に全勝で73勝53敗17分け、勝率5割7分9厘。ロッテはオリックスとの直接対決が終了し、残り10試合で9勝すれば72勝52敗19分け、勝率5割8分1厘で上回る。ロッテを自力で上回れるチームがなくなり、M9が出た。ロッテは05年に優勝しているが、05年はレギュラーシーズン2位からプレーオフを勝ち上がってV。74年の優勝は前後期制で、ロッテが1シーズン制でM点灯は70年(9月5日にM24)以来、51年ぶり。なお、現日程での最短Vは19日。

▼シーズン最初のマジックが2位に出たのは14年オリックス以来で、パ・リーグが1シーズン制に戻った83年以降では86年近鉄、88年近鉄、98年西武、10年阪神、14年オリックスに次いで両リーグ6度目。このうち優勝は98年西武しかなく、残り4度はV逸でM点灯時の首位チームがV。M点灯の2位チームは苦戦しているが、ロッテはどうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加