五輪真弓、デビュー50周年企画で1970年代のアルバムとライブ盤をデジタルリマスタリング 3か月にわたりBlu-spec CD2でリリース

五輪真弓、デビュー50周年企画で1970年代のアルバムとライブ盤をデジタルリマスタリング 3か月にわたりBlu-spec CD2でリリース

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/11/25

1972年10月21日にシングル「少女」、アルバム「少女」の同時発売でデビューをした五輪真弓。キャロル・キング、チャールズ・ラーキー、デヴィッド・キャンベルら名だたる音楽家を迎えて、アメリカでレコーディングが行われた。さらに、新人でありながら、個人レーベル「UMI」が設立されるという異例づくしのデビューから今年で50年。

デビューアルバムから3作をアメリカでレコーディングし、1975年の「Mayumity」で初めて日本(八王子の自宅スタジオ)でレコーディング。細野晴臣、鈴木茂、深町純らが参加したこの作品がフランスCBSの目に留まり、1年近くフランスに滞在して楽曲制作。1977年にフランスCBSレコードより全フランス語のアルバム「Mayumi」を発売し、大きな反響を呼ぶ。その後「岐路」で再度フランスレコーディング。アメリカ・日本・フランスでの制作活動、多くの素晴らしいアーティスト達との交流により、バラエティーに富んだ音楽が次々と誕生した。

そんな五輪真弓の1970年代のアルバム、ライブ盤を含む10タイトルをデジタルリマスタリングし、3か月にわたりBlu-spec CD2で発売するとともにハイレゾ配信する。また、特に人気の高い「Mayumity」「蒼空-TODAY」の2作品はアナログ盤でも発売する(デビュー作「少女」は2013年に既にBlu-spec CD2で発売、ハイレゾ配信済み)。

70年代の五輪真弓の作品は、80年代以降のものとは趣を異にする作風といえる。“和製キャロル・キング”と称されたが、アシッド・フォーク的であったりファンキーなロックンロールであったり、はたまた今日的に言うならばシティポップ的なアプローチであったり、五輪真弓の音楽の多様性を感じることができる作品群。また、70年代終盤の楽曲には、後の「恋人よ」や「心の友」といった歌謡曲的要素の萌芽も見受けられる。今回の一斉リリースで、五輪真弓という唯一無二のシンガーソングライターの真髄が詰まった70年代作品を、デジタルリマスタリング音源で楽しむことができる。

また、今回の一連のリリースに関する情報を掲載した<MAYUMI ITSUWA 70’s Album All Titles Releaseスペシャルサイト>が開設された。さらに、多くのコンテンツと企画を展開している五輪真弓デビュー50周年アニバーサリーサイトには、五輪を敬愛するシンガーソングライター・森山直太朗からのお祝いコメントが新たに届いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加