バイエルン、ブレーメンと引き分け連勝は「5」でストップ...大迫はベンチ入りも出番なし

バイエルン、ブレーメンと引き分け連勝は「5」でストップ...大迫はベンチ入りも出番なし

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

バイエルンとブレーメンが対戦した [写真]=Getty Images

ブンデスリーガ第8節が21日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンは敵地でバイエルンと対戦した。大迫は4試合連続でベンチスタートとなったが、出場はなかった。

ブレーメンは15分、ミロト・ラシカのクロスにゴール前でジョシュア・サージェントが合わせたが、目の前で相手GKマヌエル・ノイアーに阻まれる。さらに、こぼれ球にはルドビグ・アウグスティンソンが反応して左下を狙ったが、これもノイアーの超人的セーブに阻まれた。

その直後、バイエルンにアクシデントが発生。12分のプレーでハイボールを競り合った後の着地に失敗し、腰から太ももの辺りを痛めていたリュカ・エルナンデスが、結局プレー続行を断念。レオン・ゴレツカとの交代でピッチを後にした。

支配率で上回られながらも少ないチャンスを決定機に結び付けていたブレーメンは、45分に先制点を獲得する。スローインの受け手となったサージェントは相手DFと入れ替わって右サイドをえぐり、グラウンダーで折り返す。最後は飛び込んだマキシミリアン・エッゲシュタインがゴール左下隅に沈めた。試合はブレーメンの1点リードで折り返した。

ビハインドで後半を迎えたバイエルンは62分、レオン・ゴレツカのクロスにファーサイドのキングスレイ・コマンが頭で合わせて押し込み、試合を振り出しに戻す。

試合は押し込むバイエルンに対し、ブレーメンはカウンターから勝ち越しを狙う展開に。ブレーメンは83分、素早い中央突破からサージェントがゴール前まで運んでシュートを放つが、相手DFのブロックに阻まれる。一方のバイエルンは84分、アラバのフライパスに反応したレロイ・サネが折り返し、エリック・マキシム・チュポ・モティングがゴールの目の前で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

試合はこのまま引き分けに終わり、バイエルンはリーグ戦連勝が「5」、公式戦連勝が「10」でストップ。ブレーメンは5試合連続で「1-1」のドローとなった。次節、バイエルンはMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトと28日にアウェイで、ブレーメンは27日にアウェイでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
バイエルン 1-1 ブレーメン

【得点者】
0-1 45分 マキシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)
1-1 62分 キングスレイ・コマン(バイエルン)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加