各映画祭で高評価!『おろかもの』予告編公開

各映画祭で高評価!『おろかもの』予告編公開

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/09/16
No image

映画『おろかもの』より - (C)2019「おろかもの」制作チーム

田辺・弁慶映画祭での史上初の5冠やSKIPシティ国際Dシネマ映画祭での観客賞、ドイツ・ニッポンコネクションへの正式招待など多数の映画祭で高評価を得ている映画『おろかもの』の予告編が公開された。

本作は新鋭の芳賀俊鈴木祥が共同でメガホンを取った作品。結婚を目前に控えている兄の浮気現場を目撃した高校生の洋子は、衝動と好奇心に突き動かされ、兄の浮気相手の美沙と対峙する。美沙の独特の物腰の柔らかさと強さ、内にある心のもろさを目の当たりにした洋子は、自分でも予期していなかった言葉を美沙に向けて放つ。

公開された予告編は洋子が兄の浮気を目撃するシーンから始まる。「バカ兄貴と別れてくれ」と直接伝えに美沙のもとへ行く洋子。しかし、「結婚式、止めてみます?」と全然違うことを言ってしまう。そして、説明のつかない奇妙な関係の2人が行動をともにしていくさまが映し出される。

No image

(C)2019「おろかもの」制作チーム

犬童一心監督は作品について「よくぞここまでという素晴らしさ。監督が『ターミネーター2』の崇拝者だけのことはあるサスペンスフルな躍動する青春恋愛映画」とコメント。沖田修一監督は「ちゃんと面白い映画です。それがどれだけ難しいことか。二人の監督のこれからが楽しみです」という言葉を寄せている。

No image

(C)2019「おろかもの」制作チーム

主演を務めたのは笠松七海村田唯イワゴウサトシ猫目はち南久松真奈らも参加している。各キャストへのアテ書きで脚本がつくられた。テアトル新宿で11月20日、12月4日~12月10日、シネ・リーブル梅田で12月18日~12月21日に上映される。(編集部・海江田宗)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加