萩野公介400個人メドレーV「気持ちを体で表現」

萩野公介400個人メドレーV「気持ちを体で表現」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

男子400メートル個人メドレー決勝で優勝した萩野公介(代表撮影)

<競泳:競泳短水路日本選手権>◇第1日◇17日◇東京辰巳国際水泳場◇25メートルプール◇男子400メートル個人メドレー決勝ほか

萩野公介(26=ブリヂストン)が、4分2秒75で優勝した。

最初のバタフライから積極的に飛ばして、大きくリードを奪った。前半を1分53秒95で折り返して、最後の自由形は失速したが、トップでフィニッシュ。瀬戸大也(26)が持つ世界記録3分54秒81には及ばなかったが、2位に約2秒差をつけた。予選は4分4秒37で全体の1位だった。

萩野は「予選を終わった後は(決勝で)もう少し早いタイムでいけるかなと思ったが。ただバタフライから積極的にいけるのはいい傾向。やるべきことをレースで実際にやれている。以前はチャレンジせずに終わっていた。スタート台に立つ前から負けることが多かった。今は戦いたいという気持ちを体で表現できている」と納得の表情だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加