神戸国際大付が明石商を振り切る 2年前の決勝の再現でリベンジ成功

神戸国際大付が明石商を振り切る 2年前の決勝の再現でリベンジ成功

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/23
No image

力投をみせる神戸国際大付・阪上翔也(撮影・神子素慎一)

「高校野球兵庫大会・5回戦、神戸国際大付6-4明石商」(22日、ほっともっとフィールド神戸)

2年前の決勝戦の再現となった一戦。神戸国際大付は初回2死から四球のあと、西川侑志が左越え2ランを放ち先制。明石商は四回1死一、二塁から西田陸人の右中間三塁打で同点に追いついた。

追いつかれた神戸国際大付は同点の七回1死満塁から坂上翔也の右前2点適時打で再び勝ち越し、さらに満塁から暴投などで4点を挙げた。

明石商は八回1死一、二塁から福本綺羅が中前適時打、2死後、島田愛叶も右前適時打で2点差に迫った。

神戸国際大付は阪上が完投で逃げ切り、2年前のリベンジを果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加