田中美南「自分はPKから逃げたくなかった」。同点の絶好機で失敗、なでしこジャパンの窮地を救ったのは...【東京五輪】

田中美南「自分はPKから逃げたくなかった」。同点の絶好機で失敗、なでしこジャパンの窮地を救ったのは...【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/22
No image

【写真:Getty Images】

東京五輪のサッカー競技が21日に開幕し、日本女子代表(なでしこジャパン)はグループEの初戦でカナダ代表と対戦した。

最初のシュートを放ったのは日本だったが、6分に左サイドを破られたところから失点を喫してしまう。その後はカナダに主導権を握られ、苦しい時間帯が続いた。

前半は1点ビハインドで終了。なでしこジャパンの高倉麻子監督は後半開始からFW菅澤優衣香に代えてFW田中美南を投入。なんとか流れを変えて反撃に出ようと試みた。

すると交代の効果はすぐにあらわれた。47分、MF長谷川唯が左サイドからゴール前にクロスを供給すると、反応した田中が相手GKステファニー・ラベーと交錯して倒される。一度はノーファウルと判定されたが、VARの助言による主審のオン・フィールド・レビューの結果、なでしこジャパンにPKが与えられた。

だが、同点に追いつく絶好の機会で田中がPKを失敗してしまった。

「キッカーは決まっていなくて、ブチさん(岩渕真奈)と『どうする?』という話になって、自分はPKから逃げたくなかった」

強い思いを持ってキッカーに名乗り出たが、右足でゴール左隅を狙ったPKはカナダの守護神ラベーに完璧に読まれていた。

「GKを見ながらでしたけど、細かく動いた中で、(GK)右に寄っていて、最後まで見ていたけど動かなかった。左に思い切り打とうと思いましたけど、(シュートのパワーが)ちょっと弱かったし、コースが甘かったので止められてしまいました」

ラベーは田中から見てゴールのやや右にポジションを取り、揺さぶりをかけてきた。助走に入ってもなかなか動こうとしない。ギリギリまで駆け引きした結果、キックの瞬間にためらいが生まれてしまったか……。

重要な場面でPKを失敗し、田中は「途中から入って決めてやるという思いが強かったですし、結果外してしまったのは本当に悔しい」と肩を落とした。

同点に追いつくチャンスを逃した後も、日本にとっては苦しい展開が続いた。そんな状況でチームを敗戦の危機を救ったのは、頼れるエースだった。

終盤の84分、右サイドにポジションを移していた長谷川が前線にロングパスを送ると、相手ディフェンスを振り切って飛び出した岩渕がペナルティエリア手前からシュート。右足から放たれたボールは飛び出してきたGKに止められることなく、ゴールネットに収まった。劇的な同点弾だった。

試合後、田中にPKキッカーを譲った判断について岩渕は次のように振り返った。

「PKのシーンは、(田中)美南自身がもらったPKだし、途中から入った中で、彼女のストライカーとしての気持ちを自分も理解しているつもりなので、『蹴れば?』という話をしました。彼女が『蹴る』と言ったので、自分は『思い切ってね』という話をしただけです」

チーム内でPKキッカーは決まっていなかった。重要な場面で岩渕は田中に譲ったが、PKはまさかの失敗。ミスを帳消しにするのがエースの仕事だった。

見事に責務を果たし、岩渕はなでしこジャパンを敗戦の危機から救った。初戦で勝ち点ゼロに終わっていたら、2戦目以降の戦いに大きく影響する。次戦の相手が強豪のイギリス女子代表であることも考えると、カナダ戦の勝ち点1がもたらすものは大きい。

田中は「早い段階でをPKを取って、それを自分がしっかり決めていれば勝てた試合だと思いましたし、日本の勢いを考えたら勝てた試合だと思います。そこで決められなかったのは自分の実力だし、そこはしっかり受け止めたい」と自らのミスが試合を難しくしてしまったことを認めている。

しかし、ドローで終えられたことにより「後半は良い形をいくつも作れた中で、引き分けで終われたこと、勝ち点1を取れたことはポジティブに思っています」と前を向くことができた。

PK失敗で下を向くのではなく、最後まで諦めずにゴールを目指し続けた姿勢によって、なでしこジャパンは貴重な勝ち点を積み上げることができた。オリンピックの初戦で改めて実感させられたのは、エース岩渕の存在の大きさだった。

(取材・文:舩木渉)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加