学校の天井から300gの金具が落下、生徒1人が首に切り傷 大阪・堺市

学校の天井から300gの金具が落下、生徒1人が首に切り傷 大阪・堺市

  • 読売テレビニュース
  • 更新日:2022/05/15

大阪府堺市の中学校で13日、1階天井部分の隙間から腐食した金具が落下し、生徒1人にあたってけがをしました。

田戸遼佑記者「鉄製の棒は、建物と建物をつなぐ場所に設置してあり、こちらの隙間から落ちてきたということです」

堺市立陵南中学校で13日午後1時前、1階を歩いていた1年の男子生徒に、天井から落ちてきた鉄製の金具があたりました。生徒は首に1.5センチほどの切り傷を負い、病院で手当てを受けました。

教育委員会によると、落下したのは長さ45センチ、1.6センチ四方の棒で、約300グラムありました。

雨水による腐食のために落ちたとみられ、堺市では16日から市内の学校で同じような構造の校舎を調査し、補修などを行う予定です。

読売テレビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加