【中山11R・カーバンクルS】サンライズオネストが初の6ハロン戦で勝利 北村宏司騎手「苦労して走っていた」

【中山11R・カーバンクルS】サンライズオネストが初の6ハロン戦で勝利 北村宏司騎手「苦労して走っていた」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

1月15日の中山11R・カーバンクルS(芝1200メートル=16頭立て)は、4番人気のサンライズオネスト(牡5歳、栗東・河内洋厩舎、父ダイワメジャー)がデビュー以来初めての6ハロン戦を勝利した。勝ち時計は1分8秒7(良)。

実績を残すスプリンターが相手でもスピード負けしなかった。スタートを決めてから中団に。最終コーナーでは8番手。そこから外に出すと一気に加速。先行グループをまとめてのみ込み、首差出たところがゴールだった。北村宏司騎手は「スタートを上手に出て、流れについていけた。3コーナーで少しボコボコしたところでは苦労して走っていたけど、最後の直線はまた頑張ってよく伸びてくれました」と快勝劇を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加