久保、鮮烈な一撃! U-24日本、五輪初戦は南アに痺れる1-0勝利!! 苦戦を強いられるも白星発進

久保、鮮烈な一撃! U-24日本、五輪初戦は南アに痺れる1-0勝利!! 苦戦を強いられるも白星発進

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

拮抗した展開のなか、久保が左足のシュートで先制弾をゲットした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

東京オリンピックのグループA初戦、U-24日本代表対U-24南アフリカ代表の一戦が7月22日、東京スタジアムで行なわれ、日本が1対0で勝利を収めた。

前半は南アフリカが自陣にブロックを築き、引きこもる形を取ったため、日本が圧倒的なボール保持率で試合を進める。序盤からチャンスをつくり出す日本は15分、テンポのいい中盤でのパス回しから左サイドへ展開。中山雄太のクロスをファーサイドで受けた久保建英が決定的なシュートを放つが、これは枠を捉えきれなかった。

日本は終始南アフリカを押し込みチャンスを量産するが、枠を捉えきれない。前半はネットを揺らせず、0-0で終了した。
迎えた後半、日本は選手交代せずにスタート。南アフリカがやや縦への意識を強めてくるものの、やはり日本が先にペースを掴む。50分には堂安律との連係から久保が左足で狙うも、枠を捉えれず。

じりじりとした展開が続くなか、ついに均衡が破れたのは71分。左サイドの田中碧からのサイドチェンジパスを受けた久保がカットインから左足を一閃! 強烈な一撃は左ポストを叩き、ゴールに吸い込まれた。日本が先制に成功する。

その後、日本は反撃に出てきた南アフリカの攻勢を受ける。77分にはルーサー・シンに決定的なシュートを放たれるが、ここはGK谷晃生がしっかりと正面でキャッチし、難を逃れた。

結局、試合は1対0でタイムアップ。日本が苦しみながらも、グループステージ初戦を白星で飾った。日本は25日に、埼玉スタジアム2002でU-24メキシコ代表と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加