BAFTA授賞式司会にリチャード・E・グラント

BAFTA授賞式司会にリチャード・E・グラント

  • 映画.com
  • 更新日:2023/01/25
No image

リチャード・E・グラント Photo by Samir Hussein/WireImage/Getty Images

俳優リチャード・E・グラント(「ウィズネイルと僕」「ある女流作家の罪と罰」)が、2月19日に開催される英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式で初司会を務めることになった。

昨年はレベル・ウィルソンが司会を務め英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたが、今年はグラントの司会でロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールに会場を移して行われる。

昨年のBAFTAは「パワー・オブ・ザ・ドッグ」が作品賞を受賞、「DUNE デューン 砂の惑星」が撮影賞、視覚効果賞など最多5部門を受賞した。なお、今年は「西部戦線異状なし」が作品賞をはじめ、14部門で最多ノミネートとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加