2月27、28日に震災復興10年イベント B2の福島、試合とパネル展示、演奏も

2月27、28日に震災復興10年イベント B2の福島、試合とパネル展示、演奏も

  • OVO
  • 更新日:2021/02/22
No image

バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズ(福島スポーツエンターテインメント・郡山市)は2月27、28の両日、福島市のあづま総合運動公園体育館で「東日本大震災復興10周年イベント」を開催する。2日間とも、B2リーグの山形ワイヴァンズ戦をメインに、復興の歩みを記したパネル展示やバスケットボール教室、人気ロックバンド「サンボマスター」のライブ演奏などが予定されている。 復興パネル展示では、パネルや特別映像の上映のほか、絵本作家としても知られる漫才コンビ、キングコングの西野亮廣さん原作の「えんとつ町のプベル」の挿絵を積んだラッピングバスを展示する。絵本から計105点のイラストをLEDパネルに展示して、光と音の幻想的な空間で絵本の世界観を演出する。

バスケットボール教室は27日午前11時30分から開かれ、福島県出身でトヨタ自動車や日本代表で大活躍した渡辺拓馬さんと、福島県郡山市出身で東芝などでプレーし日本代表に選ばれたこともある栗原貴宏さんが福島県の中高生を指導。28日には福島県会津若松市出身の山口隆さんがボーカルを務めるサンボマスターのライブ演奏も行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加