関西の交通情報(25日10時時点) 名神高速では雪の影響でスリップ・事故が多発し渋滞発生

関西の交通情報(25日10時時点) 名神高速では雪の影響でスリップ・事故が多発し渋滞発生

  • 読売テレビニュース
  • 更新日:2023/01/26

大雪や強風の影響で、関西の交通も大きく乱れています。

NEXCO西日本などによりますと、滋賀県や京都府を通る名神高速で、24日夜から事故が多く発生していて、25日午前9時半時点で、上り方面は草津PA付近を先頭に48キロ、下り方面は大山崎IC付近を先頭に47キロの渋滞が発生しています。

また、各地で通行止めも相次いでいます。京都市内の国道では、車数十台が立ち往生となりました。

JR西日本は、京都線や神戸線など、多くの在来線で始発から運転を取りやめていて、昼過ぎを目途に順次再開したいとしています。

また24日夜から長時間にわたり、京都市内でJRが客を乗せたまま、運転を見合わせた影響で、体調不良を訴えた13人が病院に搬送されたほか、京都市が、一時避難所を設置し、およそ50人が避難しているということです。

読売テレビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加