コンビニのポプラ 新型コロナで売上回復が遅れ、4期連続の赤字に

  • 東京商工リサーチ(TSR)
  • 更新日:2021/01/13

1月12日、コンビニを展開する(株)ポプラ(TSR企業コード:740156381、広島市、東証1部)は2021年2月期の未定だった業績予想を明らかにし、新型コロナで年末年始の売上低迷や自粛要請などで売上回復が遅れるため、4期連続の赤字になりそうだと発表した。
2021年2月期連結業績予想は、売上高(営業総収入)193億8200万円(前年253億7000万円)、営業利益10億8700万円の赤字(前年3億6000万円の赤字)、当期純利益12億1000万円の赤字(同3億3000万円の赤字)と減収赤字拡大など苦戦が続く。
ポプラによると、「GoToキャンペーン効果で緩やかに売上高が回復傾向だったが、再び全国的に感染拡大したことで年末年始の売上低迷、政府などの自粛要請などで売上回復には長い時間を要すると判断した」という。
2020年9月、事業構造改革を発表し、ポプラが展開する「ポプラ」などコンビニエンスストア468店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」や「ローソン」にブランドチェンジする。1月以降対象店舗が改装休業になるため、売上減や転換店舗への休業補償などの負担が響く見通しだ。
ポプラは2020年12月1日、コミットメントライン契約を締結。借入極度額は20億円で契約期間は2021年12月1日までの1年間。ポプラは2020年11月末現在、無借金経営だが、一時的な資金需要に対応するため、資金調達枠を確保した。

東京商工リサーチ(TSR)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加