身体に残る記憶の痕跡から未来へ、ダニエル・リネハン「BODY OF WORK」

身体に残る記憶の痕跡から未来へ、ダニエル・リネハン「BODY OF WORK」

  • ステージナタリー
  • 更新日:2022/01/15

ダニエル・リネハンの「BODY OF WORK」が3月12・13日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール舞台上にて上演される。

No image

ダニエル・リネハン「BODY OF WORK」より。(c)Danny Willems

すべての画像・動画を見る(全6件)

No image

リネハンは、ベルギーを拠点に活動するダンサー・振付家。2007年に初演されたソロ作品「Not about Everything」で注目を集め、現在は世界のダンス関連機関に指導者やメンターとして招かれているほか、イギリス・ロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場などでアソシエイトアーティストとしても活動している。

No image

今回上演されるソロ作品「BODY OF WORK」は、彼の個人的な体験を出発点とした作品で、身体に残る記憶の痕跡から未来へと思いを巡らせるものとなる。上演時間は休憩なしの1時間10分を予定。チケットは明日1月16日に一般前売りをスタート。

なお公演に向けてリネハンがナビゲーターを務める「さいたまダンス・ラボラトリ Vol.5」を開催。詳細は後日、劇場の公式サイトで発表される。

ダニエル・リネハン「BODY OF WORK」

2022年3月12日(土)・13日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール舞台上

コンセプト・振付・出演:ダニエル・リネハン

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加