本州のトキ放鳥候補地に名乗り...石川県知事がトキの研究家訪ね意見交換「餌場作りを」と要望受ける

本州のトキ放鳥候補地に名乗り...石川県知事がトキの研究家訪ね意見交換「餌場作りを」と要望受ける

  • 石川テレビ
  • 更新日:2022/06/23
No image

環境省が行っているトキ放鳥候補地の公募に石川県は全国トップで名乗りを挙げています。

放鳥の実現に向け、馳知事は羽咋市に住むトキの研究者のもとを訪れ意見交換しました。

馳知事は23日、羽咋市上中山町でトキを70年にわたり研究している村本義雄さん(97)のもとを訪れ、意見交換を行いました。

国は本州でトキを野生復帰させるためのプロジェクトを進めていて、石川県が放鳥の候補地に23日時点で全国で唯一名乗りを挙げています。

村本さんは馳知事に対し、トキの野生復帰には餌場の確保や住民の理解が必要と説明しました。

<村本さん>

「トキの餌は今、カエルいないドジョウいない。トキの動向の観察をやってもらいたい」

<馳知事>

「自然環境を守っていくそれが世界農業遺産としての付加価値を与えることにつながる。みんなで前向きに考えていくべき」

<村本さん>

「県の方で餌場作りをやってもらいたい。そうしないと放しても死んでしまう。そこは十分考えてもらいたい」

国は8月にも放鳥の候補地を決定する方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加