阪神・矢野監督 大暴れの1、2番を称賛「こういう攻撃ができなかったんで」

阪神・矢野監督 大暴れの1、2番を称賛「こういう攻撃ができなかったんで」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/17
No image

6回、2打席連続の3号2ランを放った中野(51)を笑顔で迎える近本(撮影・飯室逸平)

「DeNA2-9阪神」(14日、横浜スタジアム)

阪神が序盤から効果的に得点を重ね、連敗を2で止めた。5位・DeNAとのゲーム差は3・5になった。

1番・近本が3安打3得点。2番・中野は自身初の2本塁打を含む4安打4打点4得点の大暴れ。1、2番が機能しての快勝に、矢野監督は「チカが出て、拓夢も今日のホームラン2本はすごいし。うちらしいというかね、なかなかこういう攻撃ができなかったんで」と称賛した。

近本は打率・265に上昇。本来の実力からすればまだまだ物足りない数字だが、指揮官は「本当に内容も良くなっているので、それをきっかけに、チカが出るっていうのがうちの野球なんで、そういうきっかけにしてほしいなと思います」と期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加