レンジャーズ本拠でWS、76年ぶりの1球場開催

レンジャーズ本拠でWS、76年ぶりの1球場開催

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

レンジャーズの本拠地グローブライフパーク

今季のワールドシリーズ(WS)がレンジャーズの本拠地、テキサス州アーリントンの「グローブライフフィールド」のみで開催されることになった。新型コロナウイルスへの感染リスクを最小限に抑えるための措置で、1球場でのWS開催は76年ぶり。

レンジャーズはア・リーグ西地区最下位と、ポストシーズン進出の可能性がほぼ消滅しているため、中立地でのWS開催となる。1944年にも1球場でWSが開催されたが、これは、同大会に進出したカージナルスとブラウンズ(現オリオールズ)がミズーリ州セントルイスの「スポーツマンズパーク」をともに本拠地としていたため。

米大リーグ(MLB)のコミッショナーであるロブ・マンフレッド氏は15日、人々の移動を制限することが感染リスクを下げることにつながるとコメント。ただし、今回の措置は特殊な状況における一度限りのものとの見解を示した。

なお、ア・リーグ地区シリーズはサンディエゴとロサンゼルスで行われ、リーグ優勝決定シリーズはサンディエゴで開催。ナ・リーグ地区シリーズはアーリントンとヒューストンで行われ、リーグ優勝決定シリーズはアーリントンで開催される。(AP)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加