最新のテクノロジーで球をつかまえて飛ばす!テーラーメイド「SIM MAX-Dドライバー」

最新のテクノロジーで球をつかまえて飛ばす!テーラーメイド「SIM MAX-Dドライバー」

  • スポーツナビDo
  • 更新日:2020/08/10
No image

テクノロジー満載で、多くのツアープロも注目するテーラーメイド「SIM シリーズ」。そこで今回は、SIMシリーズ最新作「SIM MAX-Dドライバー」をゴルフライターの鶴原弘高さんが試打。その特徴を解説していただきました。

SIMシリーズについて

No image

今までSIMドライバーとSIM MAXドライバーがありましたが、さらに追加して発売されたのが「SIM MAX-Dドライバー」です。

SIMドライバーとSIM MAXドライバーは、それほど球がつかまるモデルではなく、どちらかというと左へのミスを嫌う人が好んで使うドライバーという認識で良いと思います。

SIM MAX-Dドライバーの特徴

SIM MAX-Dドライバーの「D」はドローバイアスの「D」という意味。ドローをかけやすいモデルになってます。

No image

SIM MAXとの違いは、SIM MAX-Dにはヒール部分にドローバイアスウェイトを搭載しているところです。ヒール部分にウェイトを多く配分することで、フェースを返しやすいドライバーになっているのが一番の特徴です。

ロフト角は9度・10.5度・12度の3モデルがあり、プラス2度のロフト調整が可能なロフトスリーブを搭載。ロフトによって球のつかまり感や性能も変わってくるので、選ぶときは注意が必要です。

試打で感じた特徴

打ってみると、日本のメーカーが作るアベレージ向けのドライバーのような球のつかまりやすさは無いというのが正直な感想です。

おすすめのユーザー

スライサー向けというよりは、ドローヒッターで右にプッシュするミスが多い人が使うと、自分のタイミングでフェースを返せて自分が思ったドローを打ちやすくなると思います。

今回のSIM MAX-Dドライバーは、つかまるドローバイアスのモデルとは言ってますが、割とニュートラルに球をつかまえたり逃がしたりしやすいモデルだと思うので、扱いやすいと思う人が多いと思います。機会があればぜひ試して欲しいドライバーです。

※ご迷惑をおかけしますがこちらの動画は再生できません。

2020年最新テーラーメイド シムマックス-D SIM Max-D ドライバー用ウェイト 5g11g13g15g17g20g 送料無料(https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyuhin999/sim100110.html)

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。

スポナビGolf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加