auスマホユーザーに朗報!「au Ponta ポータル」7月開始、au PAY決済で最大5%還元

auスマホユーザーに朗報!「au Ponta ポータル」7月開始、au PAY決済で最大5%還元

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2022/06/23
No image

KDDI(au)は「au ポイントプログラム」を「au Ponta ポイントプログラム」へ刷新する。まず2022年7月5日から、貯まったPontaポイントをより便利に利用できる「au Ponta ポータル」を提供。さらに、7月からは長期優待ポイントの特典内容も見直す予定で、12月以降はau携帯電話ユーザーは毎月5のつく日とPontaの日(8日)に、au PAY決済で最大5%還元を受けられるようになる。そこで今回は、au携帯電話ユーザーなら見逃せない今後のau経済圏の動きについて解説しよう。

7月5日からPontaポイントの管理ができてお得なクーポンももらえる「au Ponta ポータル」が登場!

KDDI(au)は、新たに導入する「au Ponta ポイントプログラム」の一環として、2022年7月5日から「au Ponta ポータル」を提供する。

「au Ponta ポータル」はau PAY アプリやMy auアプリなどから簡単にアクセス可能で、Pontaポイントがいつ付与されるかをカレンダーで表示したり、Pontaポイント残高や有効期限、利用履歴などを瞬時に確認できる。

また、Pontaポイントを貯めると「Ponta」キャラが変身する「au Ponta レベル」も新設。毎月3日に直近3カ月間のPontaポイント加算数に応じたレベルを判定する。初回は7月5日に判定される。

このレベルには1~5段階まであり、1,001pt以上でLv.2は、2,001以上でLv.3、3,001以上でLv.4、6,001pt以上でLv.5となる。

ポイントを貯めた全員に毎月Pontaポイントやau PAY/au PAY マーケットなどで使えるクーポンが当たる福引ができるほか、Lv.4と5になると「がんばったボーナス」がもらえるようになっている。

●KDDI「たまったポイントやおトク情報をまとめて表示、「au Ponta ポータル」開始」→こちら

No image

7月5日から登場する「au Ponta ポータル」は、有効期限はいつか、何ポイント貯まったか、いつ加算されるか、どこでおトクに貯まるか、どこで使えるかなどを簡単に確認できるサービス(画像はau公式サイトより転載)

No image

画面左が「ポイント実績グラフ」。毎月・毎年・累計や、どのサービスで貯まったのかなどをグラフで確認できる。また画面右の「加算予定ポイント」なら、加算予定ポイント数と加算予定日をカレンダー形式で確認できる(画像はau公式サイトより転載)

No image

「au Ponta ポータル」にはPontaポイントが「たまる」「つかえる」サービスがまとめられている。Pontaポイントがおトクにたまるキャンペーン情報の案内もある(画像はau公式サイトより転載)

No image

毎月3日に直近3カ月間のauサービスご利用によるPontaポイント加算数に応じて、Pontaのレベルが変化する。3,001pt以上のレベル4と、6,001pt以上のレベル5になると「がんばったボーナス」がもらえる(画像はau公式サイトより転載・一部編集部で加工)

7月からはステージ制や長期優待ポイントも大幅に変更される!

auでは現在「ステージ制」や「長期優待ポイント」制度を実施しているが、この特典内容も2022年7月から見直される予定だ。

まず、2022年7月1日からはステージ制による判定条件が廃止され、au契約期間と利用中の料金プランに応じてPontaポイントが進呈されるようになる。

次に2022年12月1日からは長期優待ポイントが見直され、au契約期間と利用中の料金プランに応じた進呈ポイント数が変更となる。新設される「『5のつく日+Pontaの日 (8日)』au PAY 還元率アップ」では、au携帯電話ユーザーが5のつく日とPontaの日(8日)にauPAYで決済すると5%還元(上限500pt/月・6,000pt/年)となり、長期優待ポイントと合わせると、年間最大7,000ptが還元されるのだ。

なお、この新たな特典の変更・新設に伴い、現在提供中の「マンスリーポイント」長期優待特典の進呈と「au STAR」の長期優待ポイント進呈は、2022年11月30日で終了されるので注意したい。

●au「2022年7月以降の長期優待ポイント」→こちら
●KDDI「au Ponta ポイントプログラム」→こちら

ステージ制による判定条件を廃止(7月1日から)

No image

7月1日からはステージ制による判定条件を廃止。au契約期間と利用中の料金プランに応じて、Pontaポイントを進呈するシステムに変更される(画像はau公式サイトより転載)

長期優待ポイントの変更(12月1日から)

No image

12月1日からは長期優待ポイントも変更され、au契約期間と利用中の料金プランに応じた進呈ポイント数が付与される。新設の「『5のつく日+Pontaの日 (8日)』au PAY 還元率アップ」と合わせると、年間最大7,000ptが還元されるようになる(画像はau公式サイトより転載)

【新設】au PAY決済による還元率アップ(12月以降)

No image

2022年12月からは、au携帯電話とUQ mobile (5G) のユーザーを対象に、毎月5のつく日 (5日、15日、25日) とPontaの日 (8日) は、加盟店でのau PAY (コード支払い) のポイント還元率が最大5%(UQmobile(5G)ユーザーは最大3%)となる特典が開始される(画像はau公式サイトより転載)

まとめ

いかがだろうか? PayPayや楽天ペイなどに比べるとイマイチ注目度の低かったau PAYだが、7月から開始される「au Ponta ポイントプログラム」では、「au Ponta ポータル」の導入や、12月の長期優待ポイント&au PAY特典(最大5%還元)の見直して、かなり魅力的なものになる。

今後au(KDDI)ではPontaポイントを中心として、au携帯電話、au PAY、au PAY マーケット、auじぶん銀行、auカブコム証券などを含むau経済圏を強化していく戦略のようだ。

ライバルの楽天経済圏やソフトバンク・PayPay経済圏に対抗するのは、そう簡単なことではないだろうが、少なくとも、au携帯電話やUQ mobile(5G)ユーザーは、今後のサービス強化の恩恵をしっかり受けられるようになるだろう。

※サムネイル画像(画像は一部編集部で加工しています)

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加