サンフランシスコ国際空港、改修工事で滑走路1本を閉鎖 4月26日開始

サンフランシスコ国際空港、改修工事で滑走路1本を閉鎖 4月26日開始

  • Traicy
  • 更新日:2021/05/01
No image

サンフランシスコ国際空港は、滑走路の改修工事を4月26日より開始した。

新型コロナウイルスの影響による発着便数の減少を利用し、2022年を予定していた改修を前倒しする。現在の発着便数は、当初計画の半数となっている。

最も長い28R滑走路を4ヶ月閉鎖し、滑走路の再舗装、2つの誘導路の建設、滑走路と誘導路の境界部分の拡大、照明を改善する。9月6日のレイバー・デーにまでに終える見通し。

これに伴い、午後5時から8時までに発着する便で遅延が発生する可能性があるとしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加