「勝てるマシンを作れっ!」着々と進むGT3純レーシングマシン製作プロジェクト!【東京オートサロン2022】

「勝てるマシンを作れっ!」着々と進むGT3純レーシングマシン製作プロジェクト!【東京オートサロン2022】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/15

■コンセプトだが「単なるショーモデルではない」GR GT3 Concept

GRMNヤリスに続いてもう1台、GAZOO Racing Companyプレジデントの佐藤恒治さんご自身の口でドラムロールを奏でながらが発表されたのが「GR GT3 Concept」でした。

No image

GR GT3 Concept

「コンセプト」という銘打ってはいますが、これが単なるショーモデルではないことはモリゾウさんみずから明かしています。

IMSA、ニュル24時間など世界で盛り上がる参加型モータースポーツの頂点である、GT3カテゴリーに参戦可能なマシンの開発がスタートしていることを名言しました。

実はこのマシンには「クルマ好き、運転好きに近づきたい!」という姿勢があらわれています。

2021年12月には近未来BEVの一挙発表をしたばかりのモリゾウさんですが、こうしたレーシングマシンの開発もBEVの未来とも無縁でないといいます。

「クルマの基礎体力を上げる」。モータースポーツをそれに最適な場と定めているのがTOYOTA GAZOO Racingです。クルマの基本を磨くことで、BEVにも展開していく意向のようです。この年末には、走れる試作車が完成する予定だそうです。

モリゾウさんからは「勝てるマシンを作れ」とただ一言を伝えられたのみだそうです。

これはとても重い一言です。作る側としては相当なプレッシャーなのは想像に難くありません。逆に言えば、TGRが総力で開発する純レーシングマシンに期待しかありません。

No image
No image
No image
No image
No image

(文:畑澤清志/写真:井上 誠)

あわせて読みたい

やっぱり出たハードコア版! ストイックな軽量化で20kg減の最強GRMNヤリス【東京オートサロン2022】

クルマの「顔」に異変!? 原点回帰するホンダ vs 豪華さを追及するトヨタ

トヨタのクルマ買取にクルマを売るべき?特徴やリアルな評判、買取価格アップ方法

新型ヴォクシー/ノアも参戦!低燃費が魅力の最新ハイブリッドミニバン売れ筋TOP5【2022年版】

新型ノア&ヴォクシーは、荷物をラゲッジから出すときに「ちょっとクルマを前に出さなくてもいい」!?

畑澤 清志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加