【甲子園見どころ】明豊は強力打線武器、樹徳はエース亀井颯玖が中心/第2試合

【甲子園見どころ】明豊は強力打線武器、樹徳はエース亀井颯玖が中心/第2試合

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

対戦が決まり、ガッツポーズする明豊(左)と樹徳の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇6日◇1回戦

【第2試合(午後1時)明豊(大分)-樹徳(群馬)】

明豊は、県大会準決勝までコールド勝ちを収めた強力打線が武器。樹徳は、ノーシードからエース亀井颯玖(りゅうく)投手(3年)を中心に勝ち上がった勢いがある。

◆明豊 1999年(平11)に別府大付と明星の学校法人合併で発足した私立校。生徒数は573人(女子338人)。創部は別府大付時の52年で部員は95人。甲子園出場は春5度、夏は8度目。19年春は4強で、21年春には準優勝。主なOBはソフトバンク今宮健太、ヤクルト浜田太貴、ソフトバンク特別アドバイザー城島健司氏ら。大分県別府市野口原3088。岩武茂代校長。

◆樹徳 1914年(大3)創設の私立校。野球部は1969年(昭44)創部。生徒数は1002人(うち女子435人)。部員数は73人。甲子園出場は夏3度目。井達誠監督(47)はOBで91年と92年、夏の甲子園に選手として出場。主なOBは、元ロッテの戸部浩、元日本ハムの菊地和正ら。桐生市錦町1の1の20。野口秀樹校長。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加