巨人 ドラ1・大勢不在でヒヤヒヤ...原監督「ピンチを招くのは予定通りではなかった」

巨人 ドラ1・大勢不在でヒヤヒヤ...原監督「ピンチを招くのは予定通りではなかった」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

巨人・原監督(右)も最後は冷や汗ものだった(東スポWeb)

最後はヒヤヒヤだった。巨人は14日の中日戦(東京ドーム)で9回に1点差まで迫られながらも、7―6で振り切った。

最大5点差をひっくり返した熱戦は、守護神・大勢の存在の大きさを物語る一戦にもなった。2点リードに変わった8回は今村と鍬原の2人を投入して三者凡退。そして9回のマウンドには元守護神で、6試合連続無失点中のデラロサだった。

ベンチは右腕の経験と実績に託した格好だったが、先頭の代打・溝脇と岡林に連打でいきなり無死一、二塁のピンチ。代打・福留は中飛にこそ打ち取ったが、二走にタッチアップを許して一死一、三塁とされた。阿部こそ一邪飛で二死までこぎつけたものの、簡単には終わらない。ビシエドには四球を与えて満塁…。

絶体絶命のピンチでデラロサはA・マルティネスに対しての初球を「ボーク」と判定され、1点差まで詰め寄られた。ノーワインドアップでの投球で「ボーク」をとられ、原辰徳監督(63)も審判団に説明を求めたが、判定が覆ることはなかった。なおも二死二、三塁。一打逆転の場面でA・マルティネスを二ゴロに打ち取ったが、最後までドタバタは続いた。

本来の守護神は大勢だが、首脳陣は新人であることを考慮し、当面の間は3連投を避けたい考え。前日13日まで2連投中だったため、この日はベンチ入りメンバーから外して〝アガリ〟としていた。

原監督は審判への抗議内容を「審判に聞いて。俺は納得した」とした上で「(デラロサが)ああいうピンチを招くというのは予定通りではなかったけども、彼を9回に投げさせたのは予定通りでした」と説明した。

結果的にデラロサは今季初セーブをマーク。大勢不在の一戦で勝ち切れたことは、ベンチにとっても収穫だったかもしれない。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加