ロータリー除雪車に排雪トラック、冬に向け準備万端 滋賀・高島で出動式

ロータリー除雪車に排雪トラック、冬に向け準備万端 滋賀・高島で出動式

  • 京都新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

本格的な冬の到来を前に行われた県高島土木事務所の除雪出動式(滋賀県高島市今津町・弘川雪寒基地)

本格的な冬を前に、滋賀県内有数の積雪地帯を管轄する滋賀県高島土木事務所はこのほど、高島市今津町の弘川雪寒基地で除雪出動式を開いた。職員約30人が出席し、今冬の除雪活動の安全を祈った。

沼田淳所長が「地域にとって安全となるよう作業にあたってほしい」などと述べた。続いて、基地内に並んだ除雪ドーザーや排雪トラックなど12台に清めの酒をかけて安全を祈願。職員がロータリー除雪車の点検と試運転を行った。

昨シーズンは例年にない大雪に見舞われ、職員は作業に追われた。今冬もラニーニャ現象の影響で日本海側は雪が多いと予想されている。

同事務所は12月1日から来年3月20日までを、除雪と凍結防止体制を強化する「雪寒期間」と位置づける。国道303号と367号、県道24路線の計213・6キロをエリアとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加