1人1万円を給付、18歳以下の子どもに 埼玉・行田市が発表 水道基本料金の無料期間も2カ月延長へ

1人1万円を給付、18歳以下の子どもに 埼玉・行田市が発表 水道基本料金の無料期間も2カ月延長へ

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

行田市役所=行田市本丸

埼玉県行田市は24日、物価高騰に直面する子育て世帯を支援するため、18歳以下の子どもを養育する保護者に、子ども1人当たり1万円の給付金を支給すると発表した。

対象は約1万1千人で、費用は1億1303万円。エネルギー価格や物価高騰の影響を受ける市民や事業者の支援として、水道基本料金も2カ月分(12、1月検針分)無料化する。水道基本料金は4カ月分(8~11月検針分)を免除しており、期間を延長する。対象は3万5561件で、費用は1億754万円。両方の費用などを盛り込んだ一般会計補正予算案(4億6255万円)を29日開会の12月定例市議会に提案する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加