極寒の大地で一人野生動物を撮り続ける動物カメラマン・上田大作を追う......『情熱大陸』

極寒の大地で一人野生動物を撮り続ける動物カメラマン・上田大作を追う......『情熱大陸』

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/02/21
No image

(C)MBS

21日23時からは、『情熱大陸』(TBS系)が放送される。

同日放送で番組が密着するのは、動物カメラマンの上田大作。年間250日以上、北海道を車で移動しながら野生動物を撮り続けている。朝日が昇る前から森の中に入り動物散策をはじめる上田だが、撮影にあたり大事なことは“想像力”と話す。

27歳で勤めていた会社を退職し、北海道で撮影をはじめて今年で14年目。これまでにヒグマ、キタキツネ、エゾシカ、モモンガ、オオワシ、シマフクロウなどの野生動物の撮影を行なってきたが、今年はアメリカの国鳥として知られるハクトウワシ1羽が根室市の温根沼に現れた。ハクトウワシは去年、日本本土で初確認されたばかり。番組では、大空に舞うハクトウワシの姿を捉えるため、孤軍奮闘する上田の姿を追う。

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加