NHKの「ライブ・エール」で放送事故 MISIAと加藤登紀子歌唱中に画面が10秒間フリーズ

NHKの「ライブ・エール」で放送事故 MISIAと加藤登紀子歌唱中に画面が10秒間フリーズ

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/06
No image

NHKが6日午後7時半から放送した大型音楽番組「ライブ・エール」内で、約10秒間画面が固まる事故があった。

番組終盤、歌手のMISIA・加藤登紀子・小林武史が世界で最も有名な反戦歌といわれる「花はどこへ行った」(1955年)を歌唱するVTRが約10秒間フリーズした。MCの内村光良と同局の桑子真帆アナは「大変失礼しました。少々お待ちください」と慌てた様子もみられ、「大変申し訳ありません。機材トラブルがありまして。素晴らしい歌、またいつかお聞かせ致しますから」と頭を下げた。また番組の公式ツイッターも「MISIA 加藤登紀子/花はどこへ行ったのVTRは機材トラブルのため、途中で映像が止まってしまいました。 大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加