「国境なき医師団」ミャンマー当局から活動停止要請

「国境なき医師団」ミャンマー当局から活動停止要請

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/12
No image

動画を見る(元記事へ)

ミャンマーで医療活動を続ける国際団体「国境なき医師団」が地元当局から南部の都市での活動を停止するよう要請を受けたことを明らかにしました。

国際的に医療活動や人道支援をするNGO(非政府組織)の国境なき医師団は8日、ミャンマー南部の都市ダウェイでの活動を停止するよう当局から要請を受けたと明らかにしました。

理由は説明されていないということです。

国境なき医師団は約20年にわたって現地で医療活動を続けていて、活動を停止すればHIV(エイズウイルス)や結核の患者ら2000人以上の治療ができなくなると懸念を示しています。

クーデター以降、ミャンマーでは国軍に反発して多くの医療従事者が公立病院での職務を放棄しています。

国境なき医師団は治安部隊による検問や監視を恐れて患者が医療機関に行くことを避ける動きもあり、市民の健康が脅かされていると指摘しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加