ウーバー芸人とウーバーライターが収入事情から迷惑行為をブッタ斬る!!

ウーバー芸人とウーバーライターが収入事情から迷惑行為をブッタ斬る!!

  • WANI BOOKS NewsCrunch
  • 更新日:2021/05/01
No image

配達員としての日常を綴った『アラフォーウーバーイーツ配達員ヘロヘロ日記』を発売したばかりのフリーライター・渡辺雅史氏。ウーバーイーツが世に知られる前から配達員として働く、お笑いコンビ・いぬの太田隆司氏との笑いあり涙ありの特別対談をお届けします。

スポーツジム代わりにウーバーイーツ

渡辺 この度『アラフォーウーバーイーツ配達員ヘロヘロ日記』という本を出しました、フリーライターの渡辺雅史です。今日はよろしくお願いします。

太田 お笑いコンビ・いぬの太田隆司です。丸々一冊、ウーバー配達員についてなんですよね! すごい! 今日は配達員仲間との対談と聞いて、楽しみにしていました。よろしくお願いします!

渡辺 ありがとうございます。日本でウーバーイーツが始まったのが2016年の夏。自分は2018年から始めましたが、太田さんはいつからでしょうか?

太田 僕は2017年の1月からです。

渡辺 おおっ! 先輩じゃないですか!

太田 いえいえ全然(笑)。僕はほぼオープニングに近いスタッフだったんですが、当時は道で配達員に出会うことがほとんどなかったですね。

No image

▲著者でフリーライターの渡辺雅史氏

渡辺 そうそう。自分が始めたころでもそんな感じでした。すれ違うと互いに「あっ」て嬉しくなってね。

太田 懐かしいですね(笑)。渡辺さんは、どんなきっかけで始められたんですか?

渡辺 ラジオでフードデリバリーのサービスを紹介していて、面白そうだなって思ったんです。アプリを立ち上げたらすぐに働けると知って、それが新鮮でしたね。あとは、お金をもらいながら痩せてやろうって考えて。自分は身長が179センチあって、その当時は体重が100キロを超えていたし、糖尿病、高血圧、メタボもあって、運動を勧められていたんです。とはいえ、金を払ってスポーツジムに行くなんてアホらしい。

太田 理由が切実ですね……。僕はその当時、タイ料理屋でアルバイトをしていたんですが、突然ライブが入ったりして、急に休みをもらったりしているうちに居づらくなってしまって。そのときに出会ったのがウーバーイーツでした。

渡辺 芸人さんのアルバイトは、時間に融通がきくものがいいって聞いたことがあります。シフトを自分で作れるから、現代の若い人にも受け入れられてきているんでしょう。自分の好きな時間に働いて、ダイエットもできる、と。

No image

▲ウーバーイーツ黎明期から働く、お笑いコンビ・いぬ・太田隆司氏

太田 でも、体を動かす仕事だから腹が減りませんか? おいしい食事を運んでいるもんだから、背中の荷物のことで頭がいっぱいになっちゃうことも。ついつい食べてしまうから「意外とやせない」という声も聞きます。

渡辺 おいしい店や人気店の情報が日々自分のなかで更新されていく、って利点はありますね。とはいえ財布に余裕はないという(苦笑)。

高級タワマンはチップ率が高い?

渡辺 メインで働いている時間帯ってありますか?

太田 劇場などの仕事がないときは、やはりランチタイムやディナータイムを狙います。

渡辺 ボーナスもつきますしね。

太田 そうですね。詳しくない読者のために説明すると、東京エリアの配達には「ピーク料金」というシステムがありまして、注文が多いエリアでは規定の配達料にプラスして100円〜375円ほどのボーナスが加算されます。
都内の自転車配達員の場合、普段は1回の配達で500円前後の収入となりますが、ピーク料金が上乗せされると600円〜800円と、収入が1.2〜1.6倍になる。こんな制度があるんですよね。

渡辺 やっぱり、みんなそうなんですよね。依頼が集中するので競争はあるけど、やはり一番稼げるのがこの時間帯。ちなみに太田さんはチップもらってますか?

太田 昔は手渡しだったのも良かったですよね。もらったときはテンションが上がりました。

渡辺 まぁ、もらえるかどうかは運かなぁとは思っています。

太田 もらえる可能性を少しでも上げるため、僕はあいさつや清潔感は大事にしています。ちなみに、高額注文の方がチップ率は高い気がします。

No image

▲太田氏は口ひげがチャームポイント

渡辺 ひげをめちゃめちゃ生やしているのに、すごい礼儀正しい(笑)。自分の経験上、正月の配達もいいと思います。三が日の寿司はチップ率が高い。

太田 お年玉の意味合いもあるんでしょうか?

渡辺 まぁ正月に働けるメンタルがあるなら(笑)。寿司でも回転寿司ではなく板前さんが握った寿司屋いいですね。僕の配達エリアは中央区・港区なんですが、外国人のお客さんだと期待しちゃいますね。

太田 やっぱり高級タワマンは、チップ率が高いと?

渡辺 そんな気はします。だけど、某有名店の4万円もするステーキを運んだときは、いくらチップをくれるんだろうかとワクワクしたのに、結果は0円。丁寧に運んだんですけどねぇ。

太田 夏の猛暑日に汗を多めにかいて届けたら、チップを500円もらえたことがあって、それからは汗をたくさんかくようにしています。

No image

▲持論を力説する渡辺氏

渡辺 それ、見た目の問題もあると思うなぁ。自分は顔の汗を拭きとったけど、息が上がった状態で商品を届けたら、BAD評価をもらったことがありますよ。

太田 う~ん(苦笑)。

渡辺 「1円」のチップをもらったこともあります。大学生くらいの若者が「汚ないのが来たな」って顔で自分を見ていたのはわかったんだけど。あれは世界一嫌な金の使い方ですよっ! 今思い出しても腹が立つな~!

太田 わかりますけどね~。

配達員専用クエストのギャンブル性

渡辺 働くペースって決まっているんですか?

太田 僕は下北沢近辺をベースとしていますが、注文が入らないときは自宅で待機。舞台の合間に配達することもあります。

渡辺 隙間時間は有効に使いたいですね。自分は原稿を書いているときに通知が来たら配達に行っちゃう。すごい筆が乗っていたら行かないけど、クエストがクリア寸前だったら、原稿を放り出して飛んでいきますね。

太田 ボーナス制度が燃え上がるんですよね~。あと1回運べばミッションクリア、ボーナス達成ってときに「来い来い」って画面を見つめて、通知が来ると「やった~!」って。あの興奮はギャンブルに近いものがあります。

No image

▲渡辺氏はレンタサイクルが愛車

渡辺 ゲーム性も確かにありますね。最高でいくら稼ぎましたか?

太田 とはいえ、あまり高くはないんですよ。1週間で最高は5万円くらいだったかな。月でも20万円くらいでしょうか。芸人の稼ぎよりは全然多いです。

渡辺 自分も本業が暇なときに限界ギリギリの12時間働いて、1週間で8万5000円稼いだことがありました。1日43回運んだこともあります。

太田 自転車でそれはすごい! どうやって稼ぐのが一番効率いいんですかね。

渡辺 やっぱり都心部のランチタイムかなあ。注文数が圧倒的に多いですから。

太田 今ではどの地域も配達が入りますが、昔は集中してましたね。配達員の掲示板では「注文が入らなかったら飯田橋に行け」という格言が生まれたことも。その当時はそのエリアはなぜか注文が多くで、みんなが最後に集まるから「約束の地」と呼ばれていました。

渡辺 コロナ拡大の影響もあって、今は注文も増えたし、配達員も増えましたよね。稼ぎも悪くなりました。昔は時給2000円だったけど今はそんなにいかない。1000円ちょっとかな。

太田 配達員が増えたことでマナーが悪い人も増えましたね。それで悪く思われるのは悲しいです。

渡辺 変な人がいる割合ってのは、どの世界も変わらないと思うんですよ。単純に配達員が増えたから、交通マナーが悪い人が目立つだけのような気もするんですがねぇ。

No image

▲配達員にとって自転車は必須アイテムです

※編集部より:対談中は出演者・スタッフともにマスクを着用しています。

プロフィール

太田 隆司(おおた りゅうじ)

1987年8月8日生まれ。宮崎県出身。2010年に相方の有馬徹とお笑いコンビ・いぬを結成。ウーバーイーツが日本上陸して間もない時期から配達を続ける、元祖ウーバーイーツ芸人。特技は体を使った大道芸、フリースタイルラップなど。

〇「ウーバーイーツ配達員ヘロヘロ“4コマ”日記」も連載中(不定期)

ウーバーイーツ配達員ヘロヘロ“4コマ”日記 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

【メタボ】【糖尿】【収入激減】のアラフォーどん底ライターが、ウーバーイーツの配達員として体験した悲哀と憂鬱の実録ドキュメントを4コマ

No image
No image

▲好評発売中!

【書籍情報】
タイトル:アラフォーウーバーイーツ配達員ヘロヘロ日記
著:渡辺雅史
発売:2021年4月26日
定価:1,100円
ウーバーイーツ配達員として働く四十路ライターがつむぐ、悲哀と憂鬱の実録ドキュメント。

〈キンマサタカ〉

NewsCrunch広報班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加