徐ギョン徳教授「Googleにキムチの中国語翻訳のエラー訂正を要請」

徐ギョン徳教授「Googleにキムチの中国語翻訳のエラー訂正を要請」

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2022/06/23
No image

キムチを泡菜と翻訳するGoogle(グーグル)翻訳サイト。[写真 Google翻訳サイト キャプチャー]

韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授がGoogle(グーグル)翻訳サイトでキムチの中国語翻訳エラーを訂正してほしいとGoogle側に要請したと23日、明らかにした。

現在Google翻訳機で「キムチ」(韓国語)と「kimchi」(英語)を中国語で翻訳すると、簡体字・繁体字ともに「泡菜」と出てくる。

昨年文化体育観光部は「公共用語の外国語翻訳および表記指針」を改正しながら「キムチ」の正しい中国語表記を「辛奇」と明示した。

キムチを自分たちの文化として宣伝する中国の「キムチ工程」に対抗してきた徐教授は過去数カ月間、政府機関や企業、中国で活動する芸能人などがキムチを「泡菜」と誤訳したものを指摘して訂正作業を行ってきた。

徐教授は「キムチ」と「泡菜」は厳格に別の食べ物だと強調し、早期内に「辛奇」に訂正するよう求めた。

徐教授は「今まで多くの所でキムチを『泡菜』と誤訳した理由を分析してみると、最も大きな問題はGoogle翻訳機でまだ『辛奇』ではなく『泡菜』と表示しているため」と指摘した。

泡菜は中国四川地域で各種野菜を塩水に漬けて作った塩漬け食品で西洋の「ピクルス」に近く、キムチとは全く違う味がするということだ。

徐教授はキムチの正しい翻訳に協力してほしいと訴えた。インターネット利用者はグーグル翻訳機で「泡菜」という翻訳結果を確認した場合、右側下段にある「この翻訳を評価してください」をクリックした後、再び「情報の修正を提案」をクリックし、「泡菜」を消して「辛奇」に変えてグーグル側に提出すればよい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加