7600万円詐取の疑い、産廃業者の元執行役員逮捕

7600万円詐取の疑い、産廃業者の元執行役員逮捕

  • TBS NEWS
  • 更新日:2021/01/14

架空発注を300回以上繰り返し勤務先の産業廃棄物処理会社から現金およそ7600万円をだましとったとして元執行役員の男が逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、八王子市に住む岡部和英容疑者(49)です。岡部容疑者は2014年11月から去年5月にかけ、335回にわたって発注先への支払いを装い、自身が執行役員を務めていた産業廃棄物処理会社から現金およそ7600万円をだましとった疑いがもたれています。

警視庁によりますと、去年6月、別の従業員が架空発注に気付き、不正が発覚したということです。岡部容疑者は容疑を認めた上で、「だまし取った金はキャバクラに使った」と供述しているということです。(14日13:37)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加