巨人“阿部門下生”ヤングG躍動で9連勝! 阪神は終盤の反撃及ばず東京ドーム8戦8敗

巨人“阿部門下生”ヤングG躍動で9連勝! 阪神は終盤の反撃及ばず東京ドーム8戦8敗

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/16
No image

巨人・阿部慎之助2軍監督【写真:荒川祐史】

坂本、岡本がスタメンを外れるも松原、吉川尚、若林、田中俊らヤングGたちが奮闘

■巨人 7-6 阪神(16日・東京ドーム)

巨人は16日、本拠地・東京ドームでの阪神戦を7-6で勝利した。主力の坂本、岡本がスタメンを外れるも若手が躍動し9連勝。先発の田口は7回1/3、4安打4失点の好投で4勝目を挙げた。

巨人はこの日、坂本、岡本が先発を外れ松原、吉川尚、若林、田中俊ら“ヤングG”がスタメンに名を連ねた。それでも2回に田中俊が右翼へ1号ソロを放ち先制すると、4回には立岡の中前タイムリーで2点をリード。そして5回には大城、若林、田中俊の3連打、立岡にも3ランが飛び出し一挙5点を奪い試合を決めた。

この日の試合は虫垂炎による入院で離脱した元木ヘッドコーチに代わり、ヘッド代行として阿部2軍監督がベンチ入り。試合前には円陣で声をかけるなど珍しい光景も見られた。

投げては先発の田口が8回途中4失点で4勝目をマーク。巨人は引き分けを挟んで9連勝とした。阪神は先発の青柳が4回6安打5四球5失点で5敗目、打線は8回1死満塁から代打・中谷が2点適時打、代打・木浪も2点タイムリーを放ち4点を返し、9回は大山の19号2ランで1点差に詰め寄ったがここまで。チームは今季、東京ドームでの巨人戦は8戦8敗となった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加