大雨の浦和vs広島はゴールレスドローの痛み分け...浦和は5試合連続ドロー【明治安田J1第13節】

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14

明治安田生命J1リーグ第13節、浦和レッズvsサンフレッチェ広島が13日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-0の引き分けに終わった。

【動画】全てがワールドクラス!思わず唸るボレーシュートBest3

無事にAFCチャンピオンズリーグのグループステージを突破したものの、国内リーグでは苦戦が続いている浦和。およそ1カ月ぶりのリーグ戦となった前節は、柏レイソルとゴールレスドローに終わり、4試合連続ドローとなった。一方の広島は前節以前の3試合は勝ち星のない状況が続いたが、前節は首位の鹿島アントラーズ相手に3発快勝。今季一の会心の内容を披露した。

チーム状況は対照的だが、互いに前節と同じスタメンを採用。浦和は前回が初先発だったシャルク、広島は塩谷が右センターバックで引き続き起用されている。

最初のシュートシーンは3分の浦和。シャルクがボックス左から右足で狙うも、大きく枠を超えた。対する広島は、好調の満田が積極的にミドルシュートを狙っていく。8分にボックス手前左から放ったシュートは岩波の顔面に。そのこぼれ球を再びダイレクトで叩いたが、ここは当たり損なった。

そんな中14分、浦和が敵陣左サイドでFKを獲得。古巣戦の馬渡が右足でクロスを入れると、これが誰にも触れられずゴールイン。浦和の先制かに思われたが、VARで確認した結果、ボールに反応していた岩波がオフサイドの判定となり、ゴールは取り消しとなった。

肝を冷やした広島だが、直後にジュニオール・サントスとベン・カリファが立て続けにゴールに迫る。さらに野津田のブレ球ミドルが炸裂するが、GK西川が反応。27分には満田の左足のシュートが左ポストを直撃するなど、アウェイチームがチャンスシーンを増やしていく。

その後は互いにゴール前まで侵入するものの、浦和はフィニッシュの精度、広島はGK西川が壁となり、互いにゴールは割れず、ゴールレスで試合を折り返すことに。

広島は後半からベン・カリファを下げて松本を投入。その立ち上がりにジュニオール・サントスが2本のシュートを放つも、どちらも枠を捉えられない。

次第に1点を巡る堅い試合の様相を呈する中、浦和は55分に速攻からビッグチャンス到来。敵陣中央でのFKを素早く再開させ、ボックス右のモーベルグにボールが渡る。モーベルグはキレのあるシザースフェイントからカットインし、左足でシュート。ゴール右を捉えていたが、GK大迫のファインセーブに遭った。

浦和は60分に関根とシャルクを下げて江坂とユンカーを投入し変化を加える。しかし、この交代からセカンドボールがなかなか拾えなくなり、広島の攻撃に晒される時間が続いてしまう。その隙に広島は69分、攻撃参加を試みた松本が味方とのワンツーでボックス手前まで侵攻し、右足を強振。だが、ここもGK西川の好セーブに遭いゴールならず。

一方、守勢の浦和もワンプレーで流れを引き戻す。72分、自陣左サイドでボールを奪い、速攻を展開。敵陣中央でパスを受けたユンカーがワンタッチで捌いて江坂に渡ると、ユンカーが受け直してボックス右へ。そのまま右足を振り抜いたが、広島もGK大迫が好セーブを連発する。

次第にオープンな内容となる中、広島は藤井のクロスから逆サイドでフリーとなっていた柏が合わせにいくが、上手くミートせずシュートは枠の外へ。直後に浦和もCKのこぼれ球に松尾が反応するも、ボックス手前からのシュートはGK大迫に止められた。

終盤にかけては広島が押し込んだが、最後までゴールは生まれず0-0で試合終了。浦和は5試合連続ドローとなった。

浦和レッズ 0-0 サンフレッチェ広島

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加